フェイス, 科学

伝染性を有するネガティヴィティ-健やかな霊の追求を

ビョウキのマインドを共有すると自分もビョウキになります。それは伝染性があります。善と悪、正しいか間違いか、ではなく、いのちの判断基準、つまり健やかさで判断しましょう。うつ病のボクシの説教などを聞くことは自らうつの霊のマトリックスにはまることを意味する。

何をどう聞くかによくよく注意せよ。-Luke 8:18

しかし、あなたは、健全な教えに適うことを語りなさい。-Titus 1:2

世に正論は溢れている。しかし、それらはしばしば病んでいるのだ。正しさは偽装が可能でも、健やかさは装えまない。それは理屈を超えて、自然と分かるもの。ネガティヴィティは伝染性を有するのだ1)人はネガティヴな情報は容易に信じやすい傾向があることは心理学の実験でも証明されている。

それはその人が放つオーラというべきもの。霊と魂の状態、すなわち心の反映なのだ。

人の霊は病にも耐える力があるが、沈みこんだ霊を誰が支えることができよう。-Prov 18:14

霊の状態を健全に保つこと。それは良心を健やかにすること。

まして、永遠の”霊”によって2)新改訳は「霊」をすべて「御霊」と訳す傾向があるが、ここの霊についてはVincentがこうコメントする:Through the eternal spirit (διὰ πνεύματος αἰωνίου)
For the rend. an. Διὰ through = by virtue of. Not the Holy Spirit, who is never so designated, but Christ’s own human spirit: the higher element of Christ’s being in his human life, which was charged with the eternal principle of the divine life. Comp. Rom_1:4; 1Co_15:45; 1Pe_3:18; Heb_7:16. This is the key to the doctrine of Christ’s sacrifice. The significance and value of his atonement lie in the personal quality and motive of Christ himself which are back of the sacrificial act. The offering was the offering of Christ’s deepest self – his inmost personality. Therein consists the attraction of the cross, not to the shedding of blood, but to Christ himself. This is Christ’s own declaration, Joh_12:32. “I will draw all men unto me.” Therein consists its potency for men: not in Christ’s satisfaction of justice by suffering a legal penalty, but in that the cross is the supreme expression of a divine spirit of love, truth, mercy, brotherhood, faith, ministry, unselfishness, holiness, – a spirit which goes out to men with divine intensity of purpose and yearning to draw them into its own sphere, and to make them partakers of its own eternal quality. This was a fact before the foundation of the world, is a fact today, and will be a fact so long as any life remains unreconciled to God. Atonement is eternal in virtue of the eternal spirit of Christ through which he offered himself to God.
、御自身をきずのないものとして神に献げられたキリストの血は、わたしたちの良心3)この単語は岩波訳では「内奥の意識」と訳している。Strongはこうコメントする:συνείδησις suneidēsis soon-i’-day-sis From a prolonged form of G4894; co-perception, that is, moral consciousness: – conscience.すなわち、霊はすべてを知るのである。を死んだ業から清めて、生ける神を礼拝するようにさせないでしょうか。-Heb 9:14

カギはわれわれの霊にある。それはYHWHエロヒムのロゴスから生み出された存在、エロヒムの霊である(☞エロヒム属の誕生)。

御父は、御心のままに、真理の言葉によってわたしたちを生んでくださいました。それは、わたしたちを、いわば造られたものの初穂となさるためです。-James 1:18

肉からうまれるのは肉である。霊から生まれるのは霊である4)新改訳ではここを生まれる「者」と訳すが、これは不適。生まれる「存在」とでもすべきである。☞神の新創造:神の霊的遺伝子工学。-John 3:6

霊が健全ならば、魂は健やかに繁栄する。するとあらゆること健やかにかつ繁栄するのだ。すべていのちに関わることは心から発するからである(Prov 4:23)。

愛する者よ、あなたの魂が繁栄しているように、あなたがすべての面で繁栄し、健やかであるようにと祈っています。-3John 1:2

 

Follow me!

0 0 vote
Article Rating

References   [ + ]

1. 人はネガティヴな情報は容易に信じやすい傾向があることは心理学の実験でも証明されている。
2. 新改訳は「霊」をすべて「御霊」と訳す傾向があるが、ここの霊についてはVincentがこうコメントする:Through the eternal spirit (διὰ πνεύματος αἰωνίου)
For the rend. an. Διὰ through = by virtue of. Not the Holy Spirit, who is never so designated, but Christ’s own human spirit: the higher element of Christ’s being in his human life, which was charged with the eternal principle of the divine life. Comp. Rom_1:4; 1Co_15:45; 1Pe_3:18; Heb_7:16. This is the key to the doctrine of Christ’s sacrifice. The significance and value of his atonement lie in the personal quality and motive of Christ himself which are back of the sacrificial act. The offering was the offering of Christ’s deepest self – his inmost personality. Therein consists the attraction of the cross, not to the shedding of blood, but to Christ himself. This is Christ’s own declaration, Joh_12:32. “I will draw all men unto me.” Therein consists its potency for men: not in Christ’s satisfaction of justice by suffering a legal penalty, but in that the cross is the supreme expression of a divine spirit of love, truth, mercy, brotherhood, faith, ministry, unselfishness, holiness, – a spirit which goes out to men with divine intensity of purpose and yearning to draw them into its own sphere, and to make them partakers of its own eternal quality. This was a fact before the foundation of the world, is a fact today, and will be a fact so long as any life remains unreconciled to God. Atonement is eternal in virtue of the eternal spirit of Christ through which he offered himself to God.
3. この単語は岩波訳では「内奥の意識」と訳している。Strongはこうコメントする:συνείδησις suneidēsis soon-i’-day-sis From a prolonged form of G4894; co-perception, that is, moral consciousness: – conscience.すなわち、霊はすべてを知るのである。
4. 新改訳ではここを生まれる「者」と訳すが、これは不適。生まれる「存在」とでもすべきである。☞神の新創造:神の霊的遺伝子工学
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments