漢詩

霜晨靜心 ‐ 一石

頬を刺すキリッとした冷たい空気がカ☆イ☆カ☆ンその後の熱いシャワーがまたまたクル😎

さて、そこで、一首ご披露。

霜晨靜心 一石
霜晨堆落葉
乍靜虎渓心
聴得瑶池曲
晴光錦繡林
(仄起式・下平声十二侵韻)

霜晨(そうしん) 落葉 堆(うずたか)し
乍(たちま)ち 靜まる 虎渓(こけい)の心
聴くを得ん 瑶池(ようち)の曲(うた)
晴光たり 錦繡(きんしょう)の林

で、本日はちょっと温泉で抜いてまいります。マイ常宿白壁荘。巨石風呂と巨木風呂が名物。

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments