「内なる、霊的な美に注意せよ。それは表情に反映するから。」-ドロレス・デル・リオ

彼女は1920年代のメキシコ出身の女優。聖書の「力(=フォース)」には何種類かあるが、デュナミスは美徳だ。聖霊派がよくやる念を込めた悪霊追い出しや、金歯金粉、天使の羽根が舞うことなどではない。長血を患う女がフェイスによりジーザスにタッチしたとき、この美徳が流れ出て、彼女を癒した。われわれの内なるキリストこそがデュナミスである。

召された者自身にとっては、ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神の力(デュナミス)、神の知恵たるキリストなのである。-1コリント1:24

またエペソ1:19-20には4種類の力が出ている。

and what the transcendent greatness of His power (dunamis) for us who are believing, in accord with the operation (energeo) of the might (ischus) of His strength (kratos), which is operative (energeo) in the Christ, rousing Him from among the dead and seating Him at His right hand among the celestials…-Eph 1:19-20

デュナミス、エネルゲオ、イストュス、クラトス。これについてはマイメッセをどうぞ。

聖霊様充満~、油注ぎ~とヒステリックに叫ぶ人たちに注意せよ!すでに油は注がれている、【頭】に。キリストの頭首権に服することこそが、油塗られるカギだ(Ps 133:1-5)。

00votes
Article Rating

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Author

dr.luke.karasawa@gmail.com
Subscribe
Notify of
guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x