告知, 社会, 科学

セレブ再開につきまして

さて、コロナ騒動はオイルショックの時代を彷彿とするややクレイジーな状況にもなりつつあります。が、われわれはイザヤ書30:15

お前たちは、立ち帰って/静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある

に留まりたいと思います。逃げれば、さらに早い馬に追われます。

現在、徐々にCOVID-19の臨床像が分かってきました。すでにご存じと思いますが、潜伏期は7-14日、その後高齢者や持病のある方は重症化のリスクがありますが、健康者は回復。致死率は2-3%程度(WHO)。日本ではもっと低いと思われます(追記:0.1%程度)。

ただし、人工ウイルスの可能性も否定できず、これまでウイルスとはやや違う印象受けています。二種類あるとかの報告もありますので、今後の変異に関しては油断できません。

このブログではすでにご紹介しておりますが、京大の藤井先生の計算によれば、100人以下のイベントでは感染リスクはほぼゼロと見られます。もちろん、マスクや手洗い、喚気などを管理した上でのことです。

われわれサイエンティストはエヴィデンスとロジックで対応しますので、一部の聖霊派のように「イケイケ信仰でウイルスに勝利~」とかオメデタイ対応は致しません。歯を磨かずに虫歯になってから金歯を~なんてのはナンセンスですから。彼らはなぜか光物が好きなのです(笑)

先のこの記事の原則と以上のような現状から判断しまして-

  • 3月15日からは時短(14:00-17:00)でセレブを再開したいと思います。
  • ワークピアには会場の換気を十分に行ってもらうように求めておきます。
  • プレイヤーMTGは人数から見て、会場も通気性も十分あり、注意を怠らなければ感染リスクはほぼゼロと思います。
  • パン裂きは接触感染のリスクがありますので、しばらく致しません。
  • 繰り返すまでもありませんが、熱や咳などの症状がある方は参加を控えてください。

また6日からPCR検査が保険適用になりますが、一般のクリニックではできないと思います。FBをご利用の方は私の後輩にあたる高山医師の記事をお読みください。検査自体の精度もそれほど高くありませんので、皆が受けるべきものではありません1)検査結果は陽性と陰性、罹患と無罹患のクロスで四とおり。罹患者が陽性である率を感度、無罹患者が陰性である率を特異度と呼ぶ。素人は陽性とされて落ち込み、陰性とされて喜ぶが、我々は「1-特異度」が気になる。つまり陰性なのに罹患してるリスクをね。。いわゆる検査結果の読み方については私の2017年の記事を参照してください。

なお、現在の情報に基づいての判断ですので、今後変更もあり得ますので、その点はご承知おきください。

それでは主の安息に留まられますように。GBU✨

Follow me!

0 0 vote
Article Rating

References   [ + ]

1. 検査結果は陽性と陰性、罹患と無罹患のクロスで四とおり。罹患者が陽性である率を感度、無罹患者が陰性である率を特異度と呼ぶ。素人は陽性とされて落ち込み、陰性とされて喜ぶが、我々は「1-特異度」が気になる。つまり陰性なのに罹患してるリスクをね。
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments