フェイス, 歴史

日本は「完成したイスラエル」であると再建主義者

聖書の中心的なテーマは「メシアによるイスラエルの完成」。

弟子たちはイエス・キリストを、旧約聖書において預言されていたメシアと信じ、「いつイスラエルを完成してくださるのか」と期待していた。

そして、イエスもそれを否定されなかった。 「そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。『主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。』
イエスは言われた。
『いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。・・・」(使徒の働き1・6-9) 

新約時代において、異邦人を含む「教会(エクレシア)」は、もちろん、イスラエルである(ガラテヤ6・16)。

しかし、民族としてのユダヤ人にとってイスラエルとは「民族と土地」を持つ国でもあったはず。

もし紀元70年の神殿崩壊後、クリスチャンのユダヤ人が、ノンクリスチャンのユダヤ人と同じように異邦人の間に散ったのであれば、それは「同じように滅びた」ということになってしまう。

ユダヤ「民族」は救われなければならなかった!!

クリスチャン・ユダヤ人たちは、日本にやってきた。

大和王朝は「完成したイスラエル王国」である。

弟子たちが期待した「イスラエルの再興」は日本において成就した。

ここで新しい発見があった:民族としてのユダヤ人は「民族と土地」を持っていたのだから、AD70年以降もディアスポラされたとすれば、「同じように滅びた」ことになる。これはおかしい。よって彼らは日本にやってきて、日本は「完成されたイスラエル王国」となった。

不思議だ。ディアスポラがなぜ滅びなのだろうか?Yahawehエロヒムは彼らを全地に散らす、そして再び集めると語っているのだから。

富井氏の論は結局のところ、千年期の前倒しであるわけだ。つまり恵みの時代、異邦人の時代、エクレシアの時代をすっ飛ばしているわけ。だからユダヤ人も土地をもって救われているはずだとなる。われわれは、今の経綸の次の時代において千年期が来るとしているわけ。

何度も言うが、同じ書物を読んでこれだけ理解が相違することは実に面白い現象である。マトリックスの相違。そして一度あるマトリックスにハマると時間を経るほどにそこから抜け出ることが困難になるのだ。これは牧師教職制度なども同じこと。ジーザスが憎みかつ戦うとまで言われるのだが・・・。

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments