続き:

かくして自己のメンツに拘りつつ頑なに自分を主張する人はあまり幸いな地上の去り方をしていない。握りしめるといのちを失う。何も持たずフリーハンドで生きること。

聖霊は風のように赴くままに吹く。何かに拘泥することはそのスピリチュアル・バイブレーションに共鳴できない。風の吹くまま、柳の如くにしなやかに生きる、今後ますます必要となろう。

Follow me!

0 0 votes
Article Rating
カテゴリー: 独白

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x