このビデオをご覧いただくといわゆる白いキリスト教の神学などで言われることがいかにナンセンスであるか分かる。創世記から黙示録(正確には啓示録)に至る物語とは、SEEDの競合なのだ。YaHaWeHエロヒムの意図はご自身のSEED(もちろんスピリチュアルなもの)を増殖すること。しかしサタンは創世記6章で人間と堕天使のハイブリッドを産み出して、本来YaHaWeHエロヒムのSEEDの培地なるべきヒューマニティを汚した。

それを贖うためにYaHaWeHエロヒムの第二格のロゴス御子がヒューマニティを着て、十字架の贖いを成し遂げたのだ。その死と復活にインプラント・トゥゲザーされるとき、われわれはYaHaWeHエロヒムのSEEDをインヒュージョンされて新しい創造物とされる。エロヒム属である。サタンは先取りして自分のSEEDを地上に増殖させていたが、ついにはエロヒムのSEEDが増殖するのだ。このせめぎあいが<今・ココに>起きている。

最後に登場する反キリストとはサタンのSEEDの集大成である。

Follow me!

0 0 votes
Article Rating

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x