タグ: 真理

異見

真理はレムナントに託される

霊的真理も、世の事柄も、何事につけ、大衆化するとオワルものだ。かつてZ会は東大生のふたりに一人が受講したが、知る人ぞ知るマイナーな存在だった。SEGも東大受験生の専門塾だった。が、今や共にメジャー。ところが両者とも質が落 …

フェイス, 社会

刺青などあえて御言葉に反する行為の結果は重大である

ニッポンキリスト教なる業界においてもあえて刺青を入れて自己アピールを図る者がいる。件のアーサー・ホーランドさまなど。刺青など大したことではない、本人は真剣に伝道しているではないか、と擁護する向きもあるが、はっきり言ってお …

フェイス, 異見, 科学

神学スルメ論-それはバカの壁を構築する

解剖学者で『バカの壁』の著者養老猛司先生は「解剖学はスルメを腑分けして生命をとらえようとするもの」と喝破している。つまりいくら死体を解剖しても生命そのものを理解することはできないと。サイエンティストは自分がしていることの …

フェイス, 歴史, 社会, 科学

フェイス-世界を欺く者のマトリックスからの解放

この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた。-John 12:9 世界、この世、コスモス。神から切 …

フェイス

アインシュタインいわく、どちらが狂ってる?:レムナントの幸い

時に、ある疑問でわたしは朦朧(hazy)となるのだ:果たしておかしい(crazy)のは自分なのか、他の人々なのかと。-A.アインシュタイン まことに不肖Dr.Lukeもニッポンキ業界を見ているとしばしば同じ感覚に囚われる …

フェイス, 科学

フェイスは時間のマトリックスを超える

アインシュタインは言っている:時間の所以は物事が同時に生起しないこと;過去・現在・未来の区別は頑なな執拗なる幻想である、と。 主は言われる、「見よ、このような時が来る。その時には、耕す者は刈る者に相継ぎ、ぶどうを踏む者は …

フェイス, 漢詩

聖書の世界と漢詩の世界:バイブレーションの共鳴

頬を刺す空気の冷たさ、実に気持ちがイイ✨五感の刺激が魂に共鳴する時、漢詩を詠みたくなる。そう、自然の美しさや神秘に触れる時に、私の内には何らかの感動が起こり、それを表現したくなるのだ。音楽家は音楽で、絵描き …

フェイス, 告知, 著書

『真理はあなたを自由にするBOOK&DVD(2巻)』発売のお知らせ

かつてリバイバル新聞社から出したDr.ルークの著書『真理はあなたを自由にする-ファクターXの再発見』(PDF版)と『同レクチャーDVD』(3時間のレクチャー×2巻)をセットにして発売します。定価は7,500円。ご注文はオ …

フェイス

“AS”の絶大な意味-JUST AS JESUS

日本語という言語の曖昧さは良く知られている。例えば、あなたは次の節をどう理解しているだろうか? 父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。-John 15:9 イエスはま …

フェイス

終わりの時代の兆候-耳障りの良い言葉に注意せよ

人は自分が見たいことを見て、聞きたいことを聞くものだ。-シーザー ⇒ハードコア・プロファイルズ-人間の実存的状況の病理と処方

フェイス

真理にあるひとつ―「一致」というウソを拒絶せよ

ひとつとは一致することではない。「一致」はすでに違うものが集まるの意味を含むが、ひとつは元から本質においてひとつなのだ。それは人の業ではない。エクレシアとは霊的生命体である。 組織や教団や宗派などの一致は偽りである。ひと …