タグ: 禅

フェイス

われわれは特異的な民-その意味は?

というわけで、エロヒム属であるニュークリーチャーたるわれわれはI-AMによって定義されているのだ。I-AMとはYHWH。最も高きエロヒム。そのいのち(Zoe)をインプラントあるいはそのDNAをインヒュージョンされて存在= …

フェイス

如=AS-IT-IS-NESS=

霊とは息、息とは自分の心。心はその人そのもの、呼吸はその人のあり方の表現。長生きは深くてゆっくりした呼吸(長息き)による。かくして霊的呼吸は心を整える。あなたの心を見張れ、いのちのすべてはそこから湧き出でる(Prov 4 …

フェイス

法前仏後と神前法後-忘我入在-

これは小室氏の『宗教原論』で言われている。彼いわく、「仏教は法前仏後、キリスト教は神前法後」。なるほどキリスト教と言うよりは、キリスト者の立場はそのとおり。つまりここでも何度も紹介した道元の『正法眼蔵』の「現成公案」に …

歴史, 異見, 社会

仏教や神道といかにお付き合いするか

この写真を見て、またぞろ、ニッポンキ業界聖霊派の人たちが、主のわざがなされた、これから大リバイバルの波がクル~とかオメデタくもヒステリックな歓声を上げているようだ。ああ、なんとも幼稚園児的。この延長線上に例の油まき事件が …

フェイス

神の国に入れない者の筆頭は臆病な者-フェイスとは自己放下-

しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。-Rev 21:8 …

フェイス

信心銘にいわく、至道は唯だ揀択を嫌う

信心銘にいわく― 至道(しいどう)は無難なり 唯だ揀択(けんじゃく)を嫌う 纔(わずか)に憎愛無くんば 洞然として明白(めいばく) 人類の苦悩の原点は、善と悪を知る木の実を食したこと。善と悪、生と死、愛と憎と、つねに二つ …

フェイス, 科学

意識の扱い方―キリスト者と禅者の類似性と相違性

昨今、ニッポンキ業界でも仏教は聖書の影響があるとか、空海はクリスチャンだったとか言われている。確かに似ている部分もあるが、そもそも仏教は礼拝対象もないし、ブッダ自身が自分を礼拝するなと厳命しているし、葬儀などに関わっては …

フェイス

「握りしめるな」と再建主義者

これもまことに同意。ウォッチマン・ニーは言っている、「クリスチャンはどれだけ得たかではなく、どれだけ捨てたかによって評価される」と。握りしめると人は卑しくなる。禅では喜捨という。清々しい生き方。主も言われる: 自分の魂の …

日記

フランスのお香-鋭いが上品なフレイグランス

これ、いただき物のフランスのお線香。断面は丸ではなく、□。フランスにはかつて曹洞宗の弟子丸泰仙が布教し、レビ・ストロースなどとも交流を持ち、禅がかなり普及している。お線香のショップもけっこうあるのだとか。香はやや鋭いが、 …

フェイス

道元『正法眼蔵生死』のDr.Lukeバージョン

Dr.Lukeによる書き換えヴァージョンです😊 生死の中に基督あれば生死なし。又云く、生死の中に基督なければ生死にまどはず。 こころは、横浜、一石といはれしふたりの禪師のことばなり。得道の人のことばなれば …

フェイス, 異見

主客一体-道元とJill博士

長沙岑禅師にある僧問ふ、いかにしてか山河大地を転じて自己に帰せしめん。師いはく、いかにして自己を山河大地に帰せしめん。いまの道取は、自己のおのづから自己にてある、自己たとひ山河大地といふとも、さらに所帰に罣礙すべきにあら …