タグ: 終末論

フェイス, 社会

Derek Prince : “Spiritual Warfare for the End Times.”

At this point, God’s answer to this situation was a new type of ministry: the ministry of Elijah. Elijah’s min …

歴史

新約世界は富士山から出発したかもしれないと再建主義者

最近の富井氏の主張はどんどんトンデモ系になりつつあるような・・・・。CLIPしておきます。 新約世界は富士山から出発したのかもしれない 5. ユダヤ民族の役割が終了した紀元70年に、神殿の役割も終わった。 世界は新しいシ …

フェイス, 歴史

黙示録13章はイルミナティが演出していると再建主義者

いよいよコロナワクチンを打つか否か、それぞれの決断の時が迫っている。RNAワクチンは遺伝子を細胞内に入れて、コロナのスパイクたんぱくを合成し、それに応じた抗体を作らせて、実際のコロナウイルスが侵入したときに免疫反応を起こ …

フェイス, 歴史

至福千年期において世界は日本を中心に回ると再建主義者

いつもの再建主義者富井氏の論。AD70年にイエスが(一度目の)再臨をし、千年期に入った。旧約聖書のすべての預言も成就した以上、イスラエルも日本において再興した。そして- 至福千年期において世界は日本を中心に回る 江上波夫 …

異見, 社会

バイデン大統領誕生か?

先に極私的にはトランプだが、バイデンの場合は・・・と書いた。これにはわけがある。バイデンが立つ場合、世界は中国のやりたい放題となり、欺瞞と混乱に陥ることは明らか。そして世界統一政府への動きが加速するであろうとメッセでも語 …

フェイス, 歴史

続・ソロモン神殿の位置

米大統領選の投票が日本時間午後8時から開始された。極私的にはトランプと思っているが、バイデンだった場合は、馬淵大使が指摘する通り、世界レベルの戦争が起きる可能性がある。それは世界統一政府への第一歩、まずは混乱を起こし、そ …

フェイス

TODAY’S CELEBRATION Oct 18, 2020:啓示録系統解説 IV

引用聖句:Rev 13:1- etc. 2020年10月25日(日)のセレブ・場所:ハロー会議室石川町元町・時間:13:00-15:30(8月より時短とします) プレイヤーMTG:ハロー会議室石川町元町(しばらくお休み) …

フェイス

ゲネアとは何か-二重再臨説VS二重預言説

いつもの再建主義の富井氏の論。マタイ24章の「この時代(genea)」を30-40年の時間のスパンとして、AD70年の弟子たちの時代に携挙・再臨があるとし、旧約時代が終焉して千年期に入り、全世界が福音化された後、二度目の …

フェイス

「イエスの復活は中間的復活」と再建主義者

最近の富井氏の一連の記事は、彼の終末論を提示している。ちょっと分かりにくいが、AD70年に携挙も再臨もあったとし、現在は千年期、そして全世界が福音化されて後、二度目の再臨があるとする点は一貫している。また現在のわれわれの …

フェイス

TODAY’S CELEBRATION Sep 20, 2020:終わりの時代を生きるカギ

Podcast Blogの方は更新を中止します(内容がダブルため) 引用聖句:Dan 9:24-27;Col 1:26-27;1Tim 6:3;Titus 1:14;Heb 5:14 etc. 2020年9月27日(日) …

フェイス

再建主義者いわく、狭義の再臨と広義の再臨?

前から指摘しているとおり、「再臨」はThe Scond Coming、定冠詞がつくのだ。再臨の次は再々臨、The Third Comingである。と、二度の「再臨」がナンセンスであると言っているが、今度は「狭義の再臨」と …

フェイス, 歴史, 社会

中東和平実現へ:終末論の違い-ポストミレVSプレミレ

中東の反イスラエル国がイスラエルを認知する方向に一挙に進む可能性が高い。これまでどんなに努力してもできなかったことが、いとも簡単に成就した感があり、ちょっと拍子抜けでもある。 ダニエル書の聖なる都に対する70週の予言につ …

フェイス, 歴史

AD70年に黙示録のどこまでが成就したのか?(追記あり)

いつもの再建主義の富井氏によると、黙示録の冒頭の「すぐにでも起きること」(Rev 1:1)について、このように解しているようだ― 黙示録のすべての個所が「すぐに」起こる? 「すぐに起こる」というところから私が言おうとした …

書籍, 歴史, 異見, 社会

マウンティングに長けた空虚な人物が支配するディストピア

本書、一挙に読了。夏に読むべき本だ。クールビズを唱えただけあって、実に冷える。一言でこの女の正体を言えば、虚構、フェイクである。彼女の脳内マトリックスに絡めとられてオジサン政治屋たちが次々に落される。松本清張の『黒革の手 …

フェイス, 歴史, 社会

再建主義とディスペンセイション主義に見える逆さ富士現象

この武田先生の説はもっともであると同意する。今回のコロナはある種の社会実験であったと思う。いかに大衆はマニュピレートされ易いかがよく分かった。カギは恐れを撒くこと。人は大脳辺縁系を刺激されて恐れを抱くと理性が吹っ飛ぶのだ …