終末論

ダニエル70週の最終週はいつ始まるか フェイス

ダニエル70週の最終週はいつ始まるか

「これらの事が起きてきたら頭を上げよ。あなたがたの救いの完成の日が近いからだ。」-ジーザス https://www.youtube.com/watch?v=fGCkhFq9ibU ちなみに再建主義にハマるとなぜ必死でディスペンセイションをディスるのだろう。とにかく頭ごなしに否定したがる傾向が強い。ぼ…
SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える⑤-ゴグ・マゴグの戦争- フェイス

SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える⑤-ゴグ・マゴグの戦争-

MSGタイトル:終わりの時代に備える⑤-ゴグ・マゴグの戦争2020年4月5日(日)のセレブ(状況により変更の可能性あり)・場所:ハロー会議室石川町元町・時間:13.00-17.00プレイヤーMTG:ハロー会議室石川町元町(第二、四水曜日13.00-)セレブレーションのライブ録音DVD:希望者にお分け…
終わりの時代に備えるシリーズ フェイス

終わりの時代に備えるシリーズ

ニッポンキ業界では口をひん曲げつつ口角泡を飛ばしながら、ロシアやイランがどうのこうのとか、あるいは携挙や再臨がいつあるとか、センセーショナルに語る向きがある。が、彼らは御言葉自体を精密に知ってはいないことはすぐに分かる。ほとんどが欧米系の終末論者の受け売りか、自分の想像をもっともらしく語っているだけ…
SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録② フェイス

SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録②

MSGタイトル:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録②引用聖句:ビデオ内で確認のこと2020年3月1&8日(日)のセレブは中止します・場所:ワークピア横浜ユーフォニー・時間:14.00-18.00プレイヤーMTG:ハロー会議室石川町元町(2月26日&3月11日は中止します)セレブレーションのライブ…
四色の四頭の馬は世界に配置される霊 フェイス

四色の四頭の馬は世界に配置される霊

チャック・スミスやチム・ラヘイ系の前艱難携挙説では、最後の7年に入ってから(=エクレシアの携挙後)封印が解かれるとしているが、これだと現状を見誤る。 啓示録の封印は第一から第四まではすでに解かれ、第五の封印(=迫害)が解かれつつあるのだ。これはマタイ24章とパラレルである。ウォッチするのは第三神殿の…
SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録① フェイス

SPECIAL LECTURE:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録①

MSGタイトル:終わりの時代に備える-ダニエル&啓示録①引用聖句:ビデオ内で確認のこと2020年3月1&8日(日)のセレブは中止します・場所:ワークピア横浜ユーフォニー・時間:14.00-18.00プレイヤーMTG:ハロー会議室石川町元町(2月26日&3月11日は中止します)セレブレーションのライブ…
携挙はすでに起きたと再建主義者-携挙も再臨も二種類- フェイス

携挙はすでに起きたと再建主義者-携挙も再臨も二種類-

携挙はすでに紀元70年までに終わっています。なぜならば、パウロが「生き残っている私達が・・・」とテサロニケ教会の人々に語っているからです。パウロは明らかに同時代に携挙があり、再臨があると信じていました。もし携挙が未来にあり、再臨が未来にあるならば、パウロがここで述べたことは「外れた」ということになり…
終末時計が残り100秒 フェイス

終末時計が残り100秒

だれも今の時代がこのまま進むとは思っていないでしょう。心の深くに「何か」を感じているはず。ただ、日常に紛れてみないようにしているだけなのだ。 終末時計「残り100秒」 20秒進み史上最短 米国の科学者らは23日、地球滅亡までの時間を表す「終末時計」を公表した。昨年より20秒進み、残り100秒となった…
再建主義は"プレ・ミレ"である-ダニエル預言をめぐって- フェイス

再建主義は"プレ・ミレ"である-ダニエル預言をめぐって-

いつもの再建主義の富井氏の論。ダニエル書の70週の預言はAD70年に成就したと。そのことを示すのが黙示録であると。 プレテリストの終末論しか聖書を正しく解釈できない プレテリストの解釈では、紀元70年に再臨があったと考える。 紀元70年の再臨の中心的意味 黙示録は、われわれにとって未来の出来事を記し…
イスラム・シーア派の終末論 フェイス

イスラム・シーア派の終末論

Understanding Iran's End Times Eschatology - The Mahdi & The Mosque シーア派はムハンマドの血統に基づく派であり、スンニ派よりははるかに少ないが、12番目のイマーム(導師)がマフディ(救世主)として出現すると信じている。マフデ…
「第二の再臨が必要だ」と再建主義者 フェイス

「第二の再臨が必要だ」と再建主義者

再建主義の富井氏がさらに論を重ねている。どうも、私の記事を意識されている感があるのだが、気のせいだろうか。 世界の諸民族は現在法的に御国の民である2 この中でマタイ24章と28章の世の終わりは共にAD70であると繰り返しており、「まことに、あなたがたに告げます。ここに立っている人々の中には、人の子が…
“マタイ28:20の「世の終わり」は法的には紀元70年” by 再建主義者 フェイス

“マタイ28:20の「世の終わり」は法的には紀元70年” by 再建主義者

いつもの再建主義者の富井氏の論、またまた錯綜してきた感があるが、できるだけ理解に努めたい。今回、明確にマタイ28章の「世の終わり」はAD70であると宣言している。これも下にあげておいた私の記事に対する反論かもしれない。 世界の諸民族は現在法的に御国の民である 紀元70年に「イエス様は権威(支配)と国…
「肉体の死が携挙である」と再建主義者 フェイス

「肉体の死が携挙である」と再建主義者

AD70にジーザスの来臨と携挙が起きたとする再建主義の富井氏の論は先に紹介した。この中で「昇天」とは、つまり「携挙」とは肉体の死を指すのであろうかと疑問を呈しておいた。今回、私の指摘を受けてか否かは不明であるが、次のような言説をなされた。 相当ヒットをとばしているのですが 3.未来に関する預言だと思…
再建主義者はなぜAD70にこだわるのだろうか? フェイス

再建主義者はなぜAD70にこだわるのだろうか?

いつもの富井氏の記事。どうも私の指摘を意識している書いている感じがあるのだが、まあ、それは不問にしておこう。 紀元70年に死は滅ぼされた いつもどおり、AD70にキリストが再臨された、いや、今回はあえて来臨あるいは臨在としている。私が「再臨」が二回あるのは変だろうと指摘しているためかもしれない。また…
携挙の時期の根拠をめぐって フェイス

携挙の時期の根拠をめぐって

私はChuck Smith系のいわゆる前艱難(最後の7年)携挙説は採っていない。それはあまりにも安易であり、神の取り扱いはそのような軽いものではない。これについてはこちらを 携挙の時期について 私と同じ立場を採る論考はこちらを。 Will the Church see the Abomination…
「1世紀に携挙と体の贖いが起きた」と再建主義者 フェイス

「1世紀に携挙と体の贖いが起きた」と再建主義者

ちょうど昨日のメッセでポストミレとプレミレについて、「ゲネア問題」に触れたところ、このような投稿があった。富井氏の主張の本質は、パウロが「わたしたち」と言っている以上、携挙はパウロ時代(ゲネア)において、AD70年に成就したのだと((彼によれば、黙示録はAD60年代に書かれ、AD70年に19章までは…
ポスト・ミレのアキレス腱 フェイス

ポスト・ミレのアキレス腱

ブレズレンのダービーによるディスペンセイション主義ではプレ・ミレ。つまり千年期前にイエスは再臨され、地上に文字通りのご自身の統治による御国を設立する。一方、ラッシュデューニーの再建主義によるとポスト・ミレ。つまり現在が千年期であり、全世界が福音化された後、イエスは再臨する。再建主義の旗手富井健氏によ…
神業か、神業じゃないか、フェイスは今、そこだよね! フェイス

神業か、神業じゃないか、フェイスは今、そこだよね!

MS-DOSはコマンドをすべて覚えて、スペルミスなく打ち込まなくてはならなかった。が、その上位互換のWindowsではアイコンをクリックで操作できる。その時には自動的にMS-DOSも作動している。いのちの御霊の法則はさらにすぐれたいのち(Zoe)の力によるメルキゼデク系の法則であり、レビ系のモーセ律…
現在は啓示録20章の世界と再建主義者 フェイス

現在は啓示録20章の世界と再建主義者

tomi 2019/06/02(日)20:44 フルプレテリストが回答できない疑問黙示録は19章までは紀元70年までに起きました。 20章からは千年王国が始まりますが、この千年王国はわれわれが生きている時代です。 21~22章は未来の出来事になります。 フルプレテリストは、黙示録全体がすで…
「現在は千年期であるが新天新地ではない」と再建主義者 フェイス

「現在は千年期であるが新天新地ではない」と再建主義者

いつもの再建主義の富井氏の主張。AD70年に再臨があり、携挙もあったと。現在は千年期であるが、フル・プレテリズムのような新天新地ではないと。大変興味深いのでクリップしておく。 tomi 2019/05/24(金)00:20 フルプレテリズムは善悪二元論の異端である1. 主権の確立には、法的と実際的の…
「プレ・ミレは『この世の自分の知恵』に信頼する教えである」と再建主義者 フェイス

「プレ・ミレは『この世の自分の知恵』に信頼する教えである」と再建主義者

いつもの再建主義の富井氏の論。うーむ、よく理解できないところが本音である((この引用文前の「日本は1945年に復活した」も???であるが。))。次の聖句をもって解答すれば十分であろう。 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでし…
Translate »