タグ: 聖書預言

フェイス

再建主義における聖書の主要なメッセージ

いつもの再建主義の富井氏の論。実におもしろい、この勧善懲悪的な単純さ。聖書は生命現象の書なのだが、いのちという論点がほとんど出ない点が不思議でもある。 聖書の主要なメッセージ 聖書の主要なメッセージは、ダニエル書と黙示録 …

フェイス, 歴史

千年期はすでに終わったと再建主義者

うーん、これはまた苦しいご主張ではある。千年期には全世界が福音化されて、モーセ律法で国家が統治され、主イエスが二度目の再臨をするはずではなかったのだろうか? サタンによる「最後の悪あがき」の時代 私は次のように考え始めて …

フェイス, 歴史, 社会

CLIP:イスラエル、シリアに報復攻撃

これはクリップしておく。まことに聖書預言の布陣のとおりになりつつある。 Israel Launches Retaliatory Strikes Against Syria, Defense Minister Warns: …

フェイス, 歴史, 社会

サンヘドリン、イランに対する最終警告

Sanhedrin in Final Warning to Iran: Choose Path of King Cyrus Or Die Like Haman After much deliberation, the S …

フェイス, 歴史

ダニエル11章と歴史の対照

ダニエル書11章における預言と世界史の対照を見たいと思います。これを見るとき、聖書の預言の正確さを知ることができ、御言葉に対する信仰が増し加わることと思います。 これから終末の世界の諸事象を見るとき、御言葉のフィルターを …

フェイス, 歴史

ダニエルの預言-煮詰まる時代に-

これもかつてのメッセであるが、時代がまさにそのとおりになってきたので再掲する。 ダニエル書における預言はきわめて正確であり、世界史と対照すると驚くほどです。黙示録を見るときに、ダニエル書の理解は必要不可欠です。今日はネブ …

書籍, 歴史, 社会

本日の一冊:『2020年世界の真実』

なお、私は2011年3月8日に11日の異変を警告し、11日午前中には日本の対イスラエル姿勢に問題があるとし、地震の危険性を指摘した。当時のVIPクラブの民主党土肥氏(故人)などがおかしなことをしていたのだ(☞http:/ …

フェイス, 歴史

四頭の馬の正体は?

プレ・ミレにおけるいわゆる前艱難携挙説はダニエルの聖なる都に対する70週の預言の最後の1週(7年間)の前に教会が携挙されるとする。それは2テサロニケ2:3(1Thess 2:3)の背教(アポスタシー)をデパーチャー(携挙 …

フェイス

携挙の時期の根拠をめぐって

私はChuck Smith系のいわゆる前艱難(最後の7年)携挙説は採っていない。それはあまりにも安易であり、神の取り扱いはそのような軽いものではない。これについてはこちらを 携挙の時期について 私と同じ立場を採る論考はこ …

フェイス

再建主義の根本的問題=神の主権の無視=

神のご計画と「陰謀論」-神の御旨を阻止する者は誰ぞ- この問題はクリスチャンの間でもいろいろとセンシティヴな議論が交わされるテーマである。一方ではユダヤ人が「プロトコル(シオンの議定書)」と称する世界征服のためのノウハウ …

フェイス

ポスト・ミレのアキレス腱

ブレズレンのダービーによるディスペンセイション主義ではプレ・ミレ。つまり千年期前にイエスは再臨され、地上に文字通りのご自身の統治による御国を設立する。一方、ラッシュデューニーの再建主義によるとポスト・ミレ。つまり現在が千 …