日別: 2018年5月19日

異見, 社会

意味の共有の病理-西城秀樹の死に思うこと-

元気印の西城秀樹が心不全で逝った。二度の脳梗塞で体はボロボロ。あの無意味な元気さと対照的な状態にある種の哀れさも感じた。彼とは同世代。あのYMCAなど青春を共有していた感が強いので、ちょっと喪失感を覚えている。70-80 …