YHWH

道元とヤコブ-心は不可得- フェイス

道元とヤコブ-心は不可得-

道元は日本が生んだ天才である。白いキリスト教同様、白い哲学なども極めて浅薄である。道元の洞察はこの五感の領域を鋭く貫くのだ。道元の視点を持てば、自己実現とか、心の満足とか、自己啓発とか、こういったものを追及するむきは罠に落ちていることが分かる。少々前の記事を再掲して紹介しておこう。 一応断っておくが…
本日の一冊:『日本思想史マトリックス』 書籍

本日の一冊:『日本思想史マトリックス』

茂木さんの本書、実におもしろい。文系独特のスパゲッティ状態をクリアカットに解きほぐしてモデル化している。 いわゆるアニミズムの精霊信仰的(ジブリの世界)な日本に仏教なる絢爛豪華なる宗教が伝来し、いわゆる記紀の神々と争いが起きた。これをうまく調停したのが聖徳太子。これで神仏混交が起きた。 さらに天皇の…
神のようになるふたつの道-いのちの木と知識の木- フェイス

神のようになるふたつの道-いのちの木と知識の木-

いわゆる白いキリスト教では、創世記3章の誘惑の本質を「人が神のようになれる」とそそのかしたことであるとします。よって、神のようになりたいこと自体が罪とされるのです。 しかし、YHWHエロヒムは、他の動植物は「種に従って」創造されましたが(Gen 1:21)、人は「ご自身の型と様にしたがって」創造しよ…
呪いと裁きの善悪二元論の道から祝福と恵みのいのちの一元論の道へ回帰せよ-聖書と歎異抄の共通項- フェイス

呪いと裁きの善悪二元論の道から祝福と恵みのいのちの一元論の道へ回帰せよ-聖書と歎異抄の共通項-

FBで面白い画像を見つけた。John Rockの言葉である((John Rockは経験論的認識論を提唱。人は生まれたままではタブララサ(白板)であり、経験により世界を認識するとする。対象そのものが持つ性質を第一性質、主観的なそれを第二性質とし、第二性質のみをわれわれは知るとした。現代的にはクオリアで…
世は見果てぬ夢-「実在」は量子論的VRである- フェイス

世は見果てぬ夢-「実在」は量子論的VRである-

量子物理学の専門家Hotta先生との対話を採録しておく。真の実在とは何か? もちろんYHWH、すなわちI-AMなるお方である。 神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ・・・・Exo 3:14 面白い。五感における一種の「像」に過ぎないということだろうか、それを実在と思い込まさ…
YaHaWehのセルフ・レヴェレーション フェイス

YaHaWehのセルフ・レヴェレーション

創造主なるお方はいくつもの御名をもってご自身を啓示される。日本語で読む限りその豊かさを味わうことができない。今、シリーズでメッセしているが、今回の分をまとめておこう。 אלהים  = Elohym (Gen 1:1):エロヒムを「神」とか「GOD」と訳することがキリスト教なる宗教に堕する…
神聖な会議に参与する特権-霊的統治の真の意味- フェイス

神聖な会議に参与する特権-霊的統治の真の意味-

「地を治めよ」(Gen 1:28)-この原初的委託を今の経綸においていかに成し遂げるのか。いつもの再建主義の富井氏の論は次の通りである。 「わたしの国はこの世のものではありません」の意味「わたしの国はこの世のものではありません」の意味2 それは風呂場が神の国であり、その中のカビのコロニーがサタンの領…
キリスト教のマトリックスをエクソダスせよ フェイス

キリスト教のマトリックスをエクソダスせよ

ここでも、メッセでも繰り返し指摘しているが、Elohimを「神」とか"God"と、YHWHを「主」とか"LORD"と訳してはならない。特に"God"は元々バビロンのいわゆる神の名称である。もとより「神」は日本の概念であり、聖書の原語におけるElohimやYHWHからは相当に離れている。 このEloh…
Translate »