Dr.Lukeの一言映画評-ゴースト・イン・ザ・シェル

トランスヒューマニズムの究極。ブレインだけが人工人体の中で生きる。記憶もオーバーライトされている。しかし人は記憶に自らのアイデンティティを置く。が、真の私とは何によって担保されるのか。作者は言う、記憶ではなく、何をするか