フェイス

自分のマトリックスを相対化することの重要性-インプリンティングの罠に注意せよ フェイス

自分のマトリックスを相対化することの重要性-インプリンティングの罠に注意せよ

人は自分が知覚し、認知し、認識した「世界」をリアルと信じ込んでいる。これを「プライベート内的世界像」と呼んでいるが、しばしば、それはリアルな世界ではなく、個人的な認知の歪みが入り込んでバイアスされている。そのノイズの入った像に従って、これまでの経験のデータベースに基づいて、判断を行い、意思決定をして…
メタノイアは超越認知思考ないしメタ認知思考-「悔い」の意味はまったくない- フェイス

メタノイアは超越認知思考ないしメタ認知思考-「悔い」の意味はまったくない-

すでに何度も指摘している「メタノイア(metanoia)」、邦誤訳聖書では「悔い改め」と訳されるが、その単語に「悔い」の意味などはない。 神のみこころに添うた悲しみは((悲しみはメタノイアに導くのだから、メタノイアには悲しみの意味はないことは明らかであろう。))、悔いのない救を得させる悔改めに導き、…
「仏」とは何か?-葬式仏教をエクソダスせよ! フェイス

「仏」とは何か?-葬式仏教をエクソダスせよ!

わたしの主張はキリスト教なるマトリックスをエクソダスせよ、というものだが、実は仏教でも同様の事象が起きている。つまり、今見ている仏教の光景は本来の釈迦牟尼の説いたものではないのだ。彼は自分を拝むなと教え、僧は葬式に関わるなとも指示している。死者を拝することなどあり得ない。 では、「仏」とは何か? そ…
道元とヤコブ-心は不可得- フェイス

道元とヤコブ-心は不可得-

道元は日本が生んだ天才である。白いキリスト教同様、白い哲学なども極めて浅薄である。道元の洞察はこの五感の領域を鋭く貫くのだ。道元の視点を持てば、自己実現とか、心の満足とか、自己啓発とか、こういったものを追及するむきは罠に落ちていることが分かる。少々前の記事を再掲して紹介しておこう。 一応断っておくが…
ワーシップは天のシンフォニーが降りてくるもの フェイス

ワーシップは天のシンフォニーが降りてくるもの

神は礼拝儀式(イベント)を求めているのではなく、霊拝者を求めておられる((礼拝よりは霊拝の方が適切であろう。))。 しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。神は霊である。だから、神を礼拝する…
Translate »