深まる終末の様相

The War Horse Continues; Trump Now Sending Troops to Somalia – Seven Countries in Five Years?

いわゆる艱難期前携挙説では、啓示録の四頭の馬はダニエルの最後の七年に入ってから登場するとしている。しかし、私は前からすでに四頭の馬は解かれていると考える。つまり、マタイ24章の主の預言と啓示録6章の四頭の馬は対応している。

マタイ 啓示録 意味 方向(エルサレム基準)
偽キリスト 白い馬 偽の福音 西(アメリカ)
戦争と噂 赤い馬 戦争 東(中東)
飢饉や地震 黒い馬 経済危機 北(ロシア)
迫害や死 青い馬 南(アフリカ)

ゼカリヤ6章によれば、これらの四色の馬は風(=霊)である(Zech 6:5)。すでにこれらの霊は全世界に拡散している。事実、ヨハネの時代にすでにアンチ・キリストは現れていたのだ。これから出るのは【ザ】・アンチ・キリスト。

霊的領域の事象とこの物理的領域の事象はシンクロする。つまりこれらはすでに歴史の中で事実として起きているのだ。私は安易な艱難期前携挙説は採っていない。(ただし、希望的には相であって欲しいと思っている。)携挙は少なくとも七年の中間頃から起きるだろう。

参考:
携挙の時期について
・また2010-2012年にかけて一連のメッセージで語ってきている(⇒時代を聖書で見るシリーズ

 


Continue Reading