この記事、本来の麻生さんが戻ってきた。なにゆえこれまであっちへ行っていたのだろうか?

こちらが本来の麻生さん。

そしてこちらが延々と20年間、ザイセイハターンと叫んでいる藤巻先生。ぼくもかつてはファンだったのだが。が、こういった客観的データすら見ることができないご様子である。

センセイの輝かしいご著書の数々。

というわけで、こちらをどうぞ。

0 0 vote
Article Rating

Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
Translate »
1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x