Entry

フェイスはスーパーナチュラル

というと、けっこう抵抗を覚える人がいるようだ。大切なのは普通の人間としての日常生活だとか・・・。嗚呼、彼らは大いなる勘違いをしている。彼らに聞きたい:私たちはキリストと共に死んで復活した、とある(Rom 6:1-5)。あなたはこれを信じるか?

当然、信じる、少なくとも福音派ならばそう言うだろう。あるいは言わざるを得ないであろう。ならば、あなたはスーパーナチュラルを信じなくてはならないのだ。なぜ? 二千年前のあの事件のときあなたはどこにいたのか? そう、あそこにいたのだ! これを実体化するのがフェイス。つまりフェイスは物理的時空間を超えて、タイムトラベルするのだ。ちなみに日基のある牧師が、今の自分と二千前のイエスという男と何の関係があるのか、と書いていたが・・・嗚呼。

私たちはアダム系においては終わり、キリスト系の新しい人類、新しい生命体、ニュー・クリーチャーとして復活されたのだ。よく「自我を十字架につけてぇ~」と叫ぶ向きがあるが、まことにお疲れさま。それはすでに終わっている!(Gal 5:24)そもそも主は言われたではないか、完了した、と。すでに聖とされ、すでに完成されている(Heb 10:10)。これが真理、つまり霊的サブスタンス。宗教的クルシチャンから解放されよ。

癒しも同じ。神さま、癒してください、憐れんでください・・・。これはポイントを外している。神は言われるのだ、すでに癒されている、と! いつ? あの事件のときだ。カルバリに私はいたのだ。だから、彼の打たれた傷により癒された。完了形! フェイスは希望ではない。フェイスは霊的事実、つまり真理(Truth)を扱う。それは霊的サブスタンス、すでに用意されている。もっと言えば、イエスは永遠の昔からすでにほふられていたのだ(Rev 13:8)。カルバリの事件はその霊的サブスタンスがこの物理的時空間に現出したものだ。

では、なぜ癒されない人がいるのか? 簡単だ。五感に生きる人は言うであろう、自分にはまだこれこれの症状があると。それは物理的時空間における事実(facts)に過ぎない。マトリックスだ。その訴えがフェイスの欠如を証明してしまっている。よく、「信じれば癒される」と言うが、これはトリック。フェイスは願うことのサブスタンスそのもの、そしてその立証(Heb 11:1)。つまりフェイスそのものが癒しなのだ。それは癒しの条件ではない。

その他、ボーンアゲインから、キリストの内住、聖化や必要の満たしなど、ありとあらゆる私たちの経験はすべてフェイスによる。なぜ? フェイスによらないものはすべて罪だから(Rom 14:23)。かくしてフェイスはこの五感の世界、物理的時空間を超えて働くのだ。カルバリの事件は単なる歴史的事実ではない。今、ここに、展開している永遠のNOWのイベントである! それはフェイスによってのみわがものとすることができる。

いのちと敬虔にかかるものはすべてすでに与えられている。-2Pet 1:3

それは霊的領域のサブスタンス。それにタッチして、この物理的時空間に現出させる霊の機能がフェイス。

今や、フェイスは願うことのサブスタンス、見えないことの立証である。-Heb 11:1(私訳)

スーパーナチュラルでないフェイスがあったら、ぜひ見せてほしいと思うのだ。私たちがすでに得ているものを享受するカギは何か。フェイス。それはシックスセンス。まことに-

だれでも、願うものは何でも、祈るときすでに得ていると信じていよ。そうすれば得られるであろう。-Mark 11:24(私訳)

あとは私の著書をぜひどうぞ^^v

追記:フェイスを得るのは? われはアレを信ず、コレを信ずとやってもあまり意味はない。

フェイスは神のレーマを聞くこと、聞くことはキリストのレーマによる。-Rom 10:17

神のバイブレーションと言葉(ミレア)は全地に満ちている。電波と同じ。あとは私たちの霊がそれにチューニングされるかどうか。あなたは何にチューニングし、何を聞いて生きているのか。これがすべてなのだ。

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/638

Comment

ヒロンド

もろ手を挙げて、アーメン!ハレルヤ!

  • 2016/05/07 22:14:44

wisdom

>その他、ボーンアゲインから、キリストの内住、聖>化や必要の満たしなど、ありとあらゆる私たちの経験>はすべてフェイスによる。

このボーンアゲインキリストの内住、聖化というのが重要ではないですか?
救いそのもののサブスタンス、キリストの血のサブスタンスが前提ではないですか?
これ無しに癒しのフェイスを得ようとしても難しいと思いますが。

  • Mail
  • 2016/05/09 18:34:58

Dr.Luke Karasawa (唐沢治)

当然です、言うまでもなく。神の国に生まれることなくして霊的経験はあり得ませんから。

  • 2016/05/09 19:10:10

wisdom

そうですね。ルークさんにとっては、当然で、言うまでもないことでしょう。
でも、多くのクリスチャンにとっては、実は、そうでもないのは?と思っています。「信じれば救われる」というのをフェイスではなく知識で受け取っている人が多いのではないでしょうか?
ですから、悔い改めて赦された喜び、天の父に受け入れ愛されている実感、直接神の声を聴くコミュニケーション、聖化されていき日々キリストのようになる(良い子のクリスチャンではなく)実態というものがあまり見受けられません。
このブログを読んでいる人やメッセージを聴いている人が、フェイスを実践するためにも、救いのサブスタンスを受け取っているか?と問いかけてほしいと思ったのです。
いつもルークさんの言っていることが、なんとなく伝わっていないような気がしているからです。また多くのクリスチャンと「救い」について話すときすごく「ズレ」を感じているからです。

  • Mail
  • 2016/05/11 09:31:26

Dr.Luke Karasawa (唐沢治)

なるほど・・・。確かに使徒信条告白して、礼拝出席のお努めしてご苦労さまというキリスト教徒がほとんどでしょうね。フェイスの覚醒を得たら幸いです。

  • 2016/05/11 09:47:24

wisdom

すみません。結局何が聞きたいかというと
>私たちはキリストと共に死んで復活した、とある(Rom 6:1-5)。
これをフェイスで受け取っていないクリスチャンは、救われているといえるのでしょうか?
>その他、ボーンアゲインから、キリストの内住、
をフェイスで受け取っていない人は、救われているといえるのでしょうか?ということです。
彼らは救われていると判断していますが。

  • Mail
  • 2016/05/18 14:45:38

Dr.Luke Karasawa (唐沢治)

すみません、ちょっとご質問の意味が???

ポイントは永遠のいのちを得ること。それはすなわち御霊から生まれることですね。それは霊的リアリティー。

いわゆる教義をあれこれ知ってるかとか、神学を理解しているかとかは関係ないです。肉体の誕生も赤ちゃんは何も理解していないのと同じです。

とにかく霊から生まれること、これだけです。

  • 2016/05/18 18:32:10

wisdom

ネットとか文章とか苦手で、すみません。確かに自分の文章、何を聞いているのかわかりづらいですね。

>とにかく霊から生まれること、これだけです。

これに心からアーメンできるクリスチャンがどれだけいるのか?危惧しています。この出発点が知識的な信仰であってフェイスでなければ、そもそもそれ以降のフェイスを働かせることができませんし、もし、奇跡的なことが起こったら、それは敵からのフェイスということになりますよね。

私は、主との歩みの中で、今立っている土台を建設的に疑うように導かれてきました。それで、ルークさんの言う「ニッポンキリスト教」も出るように導かれました。でもその中に友達もたくさんいます。もし、彼らが、フェイスによってボーンアゲインしていないとしたら、彼らは主の目に救われているクリスチャンとして、認められるのでしょうか?つまり、天国にいけるのでしょうか?

こういったことは話してはいけないという雰囲気がキリスト教会にはありますが、せめて、議論だけでもすべきだと思うのですが。私自身もハッキリとわからないけれど、霊に感じることは、「クリスチャンと自称しながら、救われていない人が多い。」ということです。広き門に向かって滅びていくというみ言葉は、今クリスチャンといわれている人たちにも当てはまるような気がします。
ルークさんのメッセージはちゃんと霊によってボーンアゲインしたことを前提に進められていますが、まずはじめの出発からフェイスを問い直し方が良い人が結構いるのではないでしょうか?勿論ルークさんは霊によってボーンアゲインしています。私がこんなことを言うのは僭越なんですが、やはり、共感、共鳴があり、ハッキリとわかるからです。
世の終わりにあたって、今まで導かれてきたように、「救い」の土台を建設的に疑うように導かれているので、改めて質問させていただきます。
フェイスによってボーンアゲインしていないとしたら、彼らは主の目に救われているクリスチャンとして、認められるのでしょうか?ルークさんはどう思いますか?

  • Mail
  • 2016/05/24 16:26:46

Dr.Luke Karasawa (唐沢治)

>霊に感じることは、「クリスチャンと自称しながら、救われていない人が多い。」ということです。

おっしゃるとおりです。これ、気がついた時は遅いです。オツムだけのキリスト教徒になることと、神の国に生まれることは別のことですから・・・。

  • 2016/05/24 18:20:52

wisdom

ありがとうございます!
ここまでハッキリと答えてくれた人は初めてです。
なんだかタブーな話のようなので。
だから彼ら(知的に教理を受け入れているだけの人々)は、「神と直接語りあう」ということを異端視したり、「神の愛」を人間的な共依存とごっちゃにしていたり、本物の悔い改めの清々しさを知らず、サタンの罪定めしかしらないので「悔い改め」をやけに避けようとしたり、だから「聖化」というのは自由になることだということが分からなかったりするのだと思いました。
また、世の終わりに背教があるというのも、そういうことなのかな?と理解できたような気がします。本当は救われていなった自称クリスチャンがハッキリと不信をあらわすということではないかと。
本当にありがとうございました!

  • Mail
  • 2016/05/30 07:58:01

Dr.Luke Karasawa (唐沢治)

なるほどね・・・。この業界、窒息しておるようです。

  • 2016/05/30 08:50:52

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

03 2017.04 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH

Recent Comment

Re:思想や正義の病理の究極
2017/03/17 from X
Re:リアリティーとは何か?
2017/03/17 from 権限がありません
Re:世界は数学だ
2017/03/08 from 権限がありません
Re:偽りの代償
2017/02/26 from satake
Re:本日のセレブでの難病の癒し
2017/02/20 from Q

Recent Trackback

Re:リアリティーとは何か?
2017/04/25 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/24 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/23 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/21 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
Re:リアリティーとは何か?
2017/04/19 from DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE