Entry

寝ている間にも神のわざはなされる―聖なる怠惰の奨め

まことに何度も紹介しているが、どちらかというと怠惰な私の好きな聖句―

神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない
土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。実が熟すと、早速、鎌を入れる。収穫の時が来たからである。-Mark 4:27-29

「ひとりでに」の原語は"automatos"、Strongによるとこうある:

self moved (“automatic”), that is, spontaneous: - of own accord, of self.

ニッポンキリスト教では、成長のためのナントカ・カントカ、克己精励、信仰に励め~とかよくやるわけだが、あなたとは関係なしに、寝ている間にも神のわざはなされる。それはただフェイスによるわけだ。ブラザー・ローレンスはこれを「聖なる怠惰」と称している。宗教から解かれよ!

 

Pagination

Trackback

  • トラックバックはまだありません。

Trackback URL

http://www.dr-luke.com/freo/trackback/926

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

CALENDAR

10 2017.11 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MOON AGE

WORLD CLOCK

COUNTER

    Access.....
    Yesterday......
    Today............

RANKING

    ブログランキング・にほんブログ村へ

KF_SITE

FOR MEMBERS

APPLE iTUNES STORE PODCAST

YOUTUBE ARCHIVE

OLD iDLE UTTERANCE

OUR WORSHIP

TWITTER UPDATE

INSTAGRAM UPDATE

PRAY FOR ISRAEL

QRcode

BIBLE SEARCH

ENTRY SEARCH