フェイス, 映画, 科学

クリスチャンとは真のトランス・ヒューマンである

最近、ピーター・トゥールなどによるトランスヒューマニズム(>HとかH+)が脚光を浴びている。ディープラーニングによるAIとか、人工的ボディによる超人間の実現。映画でも『ゴースト・イン・ザ・シェル』などの作品にも反映されている。確かにこの制限された死ぬべきボディから解放されたらどれほど自由であることか。パウロも地上の幕屋で呻いていると言うとおりである。

さて、キリストの死と復活に一体化された者は新しい創造、新人類、新生命体、スーパー・ヒューマン、そしてネオ・ホモサピエンス。ギリシャ語では時間の概念に二種類ある事は前に書いた。クロノスとカイロス。クロノスは時計が刻む物理的時間、カイロスは永遠のナウの時間、つまり霊的意味を有する。

それに伴って、「新しい;New」にも二種類の概念がある。ネオスとカイノス。ネオスは時間的に新しいの意味、カイノスは質的に新しいの意味と理解してよいと思う。たとえば、エペソ(Eph 2:15;4:24)における「新しい人」はカイノス。対してコロサイ(Col 3:10)における「新しい人」はネオス。つまり新しく霊から生まれた存在(John 3:6-8)は質的にも時間的にBrand Newなのだ。

最近、Dr.Lukeはヴァイブレーションだの、ポータルだの、サブスタンスだの、ニュークリーチャーだの、ネオとかスーパーとかニューエイジ系にかぶれてるとかおっしゃるむきもあるようだが、あのですねぇ、これらの単語はすべて聖書にあるわけ。日本語訳は表向き現れてないだけなのだ。ニッポンキリスト教にかぶれたマインドではあるものも見えなくなる。もっと言えば、われわれこそが真のニューエイジャーでありトランスヒューマンなのだ!究極的に私たちはこのボディを脱ぎ捨て、物理的に束縛されないカイロスに生きる栄光のボディを得るのだから。

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments