フェイス

神聖な会議に参与する特権-霊的統治の真の意味-

「地を治めよ」(Gen 1:28)-この原初的委託を今の経綸においていかに成し遂げるのか。いつもの再建主義の富井氏の論は次の通りである。

それは風呂場が神の国であり、その中のカビのコロニーがサタンの領域で、それをカビキラーで駆逐するようなものであると・・・。

さて、聖書はいかに語るか-

【賛歌。アサフの詩。】エロヒムは神聖な会議の中に立ち/エロヒムの間で裁きを行われる。
「いつまであなたたちは不正に裁き/邪悪な者の味方をするのか。〔セラ
弱者や孤児のために裁きを行い/苦しむ人、乏しい人の正しさを認めよ。
弱い人、貧しい人を救い/邪悪な者の手から助け出せ。」
彼らは知ろうとせず、理解せず/闇の中を行き来する。地の基はことごとく揺らぐ。
わたしは言った/「あなたたちはエロヒムなのか/皆、エルヨンの子らなのか」と。-詩編82:1-6

エロヒムは霊的生命体の総称であることは何度も繰り返している。いわゆる白いキリスト教はこの概念を取り違えていわゆる一神教を生み出した。エロヒムは生物の分類の「ドメイン」とか「属」とか相当するメタ概念であり、その最も高きエロヒムがありてあるYHWH (EHYAH ASHER EHYAH) である。この詩編ではElyon (The most High)とされている。

Dr.Heiser

この神聖な会議にはエロヒムが参加している。裁定を行うのはYHWHである。そしてわれわれエロヒムの霊をインプラントされて、エロヒムから生み出されたニュークリーチャーも参加するのだ。われわれ(の霊)はすでに栄光化されたエロヒムの霊。文字通りのYHWHエロヒムの子供である1)われわれはエロヒムとして同じ生命をYHWH(父・子・聖霊)とシェアしている。が、YHWHとはパースンとしては異なることはすでに何度も述べている。

Dr.Heiser

天とは霊的領域であり、そこには諸々のエロヒムが存在する。地とはこの物理的五感の領域であり、霊的領域のリアリティーを<今・ここ>に実体化するパワーがフェイスである。そこで主は天を裂いて地に介入された(Mark 1:10)。すでにソドム・エジプト化されたキリスト教の「エロヒムの概念」を文字通りメタノイア(マインド・シフト)する必要があるのだ。オリジナルな聖書の啓示はマルチ・エロヒム・ワールドである(エロヒム自体が複数形)。

イエシュアは詩編82編を引用して言われた-

イエスは彼らに答えられた、「あなたがたの律法に、『わたしは言う、あなたがたはエロヒムである』と書いてあるではないか。
エロヒムの言を託された人々が、エロヒムといわれておるとすれば、(そして聖書の言は、すたることがあり得ない)
父が聖別して、世につかわされた者が、『わたしは神の子である』と言ったからとて、どうして『あなたは神を汚す者だ』と言うのか。-John 10:34-36

ここの「託された」とある原語は”ginomai”であり、存在せしめる・内在化するの意味である。すなわちYHWHエロヒムの種(霊的DNA)を組み込む(infusion)ことに他ならない。

御父は、御心のままに、真理の言葉(ロゴス)によってわたしたちを生んでくださいました。それは、わたしたちを、いわば造られたものの初穂となさるためです。-James 1:18

肉から生まれるのは肉であり、霊から生まれるのは霊である。-John 3:6

神から生まれた存在は皆、罪を犯しません。神の種(sperm)がこの内にいつもあるからです。これは神から生まれたので、罪を犯すことができません。-1John 3:9

Dr.Heiserを知る以前の2016年の時点では神属人類と称していた

つまりわれわれ(の霊)はエロヒムの種を組み込まれており、われわれ(の霊)はエロヒムである。自分のアイデンティティーをしばしば肉(=体と魂とその在り方)においているのが、キリスト教徒である。これで再建主義のように、メーソンやイルミナティの陰謀を祈りによってモグラたたきのように駆逐することに追われるのだ。

エロヒム属としての統治の仕方は、まさにこの神聖な会議において開始される。この決議あるいは裁定を地において執行するのだ。別にわれわれがリキを入れて反逆の霊ども(彼らもエロヒムである)と戦うのではない。最も高きエロヒムの裁定を得て、それを宣告するだけ。この天と地はエロヒムの権威のネットワークであり、すべてエロヒムはYHWHエロヒムに服さざるを得ない。

ゆえにイエシュアはこう宣言された-

イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」-Matt 28:18-20

われわれは神聖な会議の参加者(議員)として、このYHWHエロヒムのマトリックスとプロトコルに従って振舞うのみ。するとそれは自ずと現出する。これがフェイスであり、「天に御心がなるとおり地にもなるように」の実際であることは言うまでもない。

いま、フェイスとは願われるサブスタンス(実体・実質)、まだ見ていないことのエビデンス(証明・現出)である。-Heb 11:1(私訳)

Follow me!

5 1 vote
Article Rating

References   [ + ]

1. われわれはエロヒムとして同じ生命をYHWH(父・子・聖霊)とシェアしている。が、YHWHとはパースンとしては異なることはすでに何度も述べている。
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments