真のワーシップは天から降りてくる

神は礼拝儀式を求めているのではなく、礼拝【者】を求めておられる(John 4:23)。ワーシップとは、どんな音楽で、どんな風に盛り上げるかではないのだ。あるいは自分がどうのこうのでもない。盛り上げようとする試みは単なる音楽、肉的なもの。地の雑味が入る。正直、そのような”ワーシップ”を聞いていると頭が痛くなる。

真のワーシップは地上から盛り上げるのではない。天から降りてくるのだ。天のワーシップと共鳴し、ワーシップの霊が降りてくることを感じる瞬間がある。そのために、私たちのマインドをただジーザスにフォーカスし、霊を天のバイブレーションと共鳴するだけ。その時、自然と天のサウンドが地上のサウンドに投影される。そしてそれが再び天へと戻る。

ヤコブの梯子が天から地に向かってかけられたように、すべては天が主導権を持つ。地から盛り上げようとするものはあくまでも地の雑音に過ぎない。天からのワーシップが降りてくるのを待つ必要があるのだ。

究極的には、別に音楽は要らなくなる。私たちの霊に天のバイブレーションが響くとき、それはワーシップであり、神が求めておられる礼拝者の霊と魂、つまり心が天と共振するのだ。私たちはそのような礼拝者による礼拝を追求している。


Continue Reading

霊的歩みのカギ-バイブレーションとリゾナンス

物理的領域においても、バイブレーションに対するリゾナンス(共振・共鳴)が秩序を生み出す。それは霊的領域のタイプ(型)。

RESONANCE BEINGS OF FREQUENCY – (OFFICIAL)

どんな霊に共鳴し何を受信するか、つまりフリークエンシーのチューングの問題とそれを受信する繊細な感度が求められるわけ。今日、業界にも種々の偽りの霊が蔓延しているわけで・・・。

天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。
昼は昼に語り伝え/夜は夜に知識を送る。
話すことも、語ることもなく/声は聞こえなくても
その響き(=弦・バイブレーション)は全地に/その言葉(=語り出された波動としての言葉)は世界の果てに向かう。-詩編19:1-5

その昔、まだモールス信号が主流だったころ、ある米軍機関が通信士を募集した。一部屋に集められた数十人の応募者たち。雑談したり、雑誌を読んだりしていても、いくら待っても自分の名前が呼ばれないのでみなイライラしてきた。すると、突然ドアが開き、係員が「本日の採用試験は終了しました」と。みんなあっけにとられ、また激怒したが、ひとりだけが採用されたのだ。

・・・彼は壁がコン・コン・コーン・・・と鳴るの聞いて(つまりこれが呼び出しのモールス信号だったわけ)、ひっそりと面接室に入ったのだった。神は語る神。こちらに聞く耳があるかどうかがカギ。

聞く耳のある者は御霊が諸教会に語ることを聞くがよい。-黙示録2-3章

神はあえて無理に聞かせるようなお方ではないのだ!(携挙もね、全員自動的にではなく、これと同じ状況だと思っている)


Continue Reading