フェイス, 歴史

日本は再興されたイスラエル国であると再建主義者

旧約聖書の中心テーマの一つは「メシアの来臨と、イスラエルの再興」。復活したイエス・キリストに対して弟子たちは「今こそイスラエルを再興してくださるのですか」と尋ねた。

するとイエスは「時がいつであるかは知る必要はない。その時は、御父が定めておられる」と答えられた。

これは、弟子たちに対するイエスの「暗黙の保証」。

東大名誉教授江上波夫氏によると「紀元2世紀に来日したのは景教徒ではなく、原始キリスト教徒である」とのこと。

紀元2世紀のキリスト教徒とは「イエスの孫弟子かひ孫弟子」であり、紀元70年のイスラエル滅亡後にエルサレムを脱出した後歴史から消えた「エルサレム教団」である可能性が高い。

なぜ彼らは、わざわざ東の果て日本列島にまでやってきたのか。

そこに栄光のイスラエルを再建するためではなかったか。

このような主張については次の御言葉を挙げれば論じるまでもない。

彼らはわたしがわが僕ヤコブに与えた土地に住む。そこはお前たちの先祖が住んだ土地である。彼らも、その子らも、孫たちも、皆、永遠に至るまでそこに住む。そして、わが僕ダビデが永遠に彼らの支配者となる。-Eze 37:25

「律法こそがすべて」とする再建主義だが、果たしてこの聖句にはどう回答するのであろうか?これまでもこちらの問いかけに対して、再臨や携挙が二回あるとか、最近では埴輪はユダヤ人のスタイルであるから、律法に従って埴輪の恰好をするとか・・・。やや、?モードに陥りつつあるが、ドグマにハマると人生を失うの典型事例である。

家族もなく、家もなく、友人もなく、仕事もなく、最近では健康も衰えが激しいとか、まさに無位無官。そのストイックな生き方には敬意を表するし、社会や歴史の見方にはけっこう共有できる点が多々あることは言っておく。が、それにしても・・・といったところではある。

Follow me!

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
3 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
じゃりんこ
じゃりんこ
3 months ago

ハーベストタイムミニストリーズの中川健一牧師が日ユ同祖論についてずいぶん前に次のように言っていました(中川牧師は日ユ同祖論に反対の立場でした)。
 
日ユ同祖論が未だに日本人のロマンを掻き立てる何らかの力を持っている。
 
ホーリネス教会の中田重治もまた日ユ同祖論者である。彼は「日本には、太古にユダヤ人が渡来し、彼らと原住民との混血によって今日の日本人が生まれた。キリスト教統治の千年王国のひな形として日本は今日まで連綿と続いてきた。これは神の摂理である。したがって、日本人には、神の選民であるユダヤ人を支援し、ユダヤ人国家樹立を成し遂げるべき民族的使命が神から与えられている」。中田重治の日ユ同祖論は、親ユダヤ的なものであり、未来志向的なものである。
 
この説がキリスト教の本質、キリストの福音の本質をゆがめる恐れがある。日ユ同祖論に立つクリスチャンの中には、キリストの福音よりも日ユ同祖論を熱心に伝えている者がいる。その人たちにとっては、日ユ同祖論がキリストの福音に取って代わっているのである。
 
ユダヤの中に日本人のルーツを見るという思考方法の背後には、「日本人としての存在にある種の権威付けをしたい」という動機が働いているのではなかろうか。

じゃりんこ
じゃりんこ
3 months ago

ホーリネス教会の中田重治牧師が『聖書より見たる日本』という本で、日本民族は古代オリエントに栄えたシュメール、ヒッタイト、ユダヤの混血末裔であると言っていたようなので調べてみましたら、面白い説を発見しました。
 
「日本人シュメール起源説」
この説は明治時代から多くの学者がシュメール文明と日本文化との共通点を調査・研究し提唱してきたそうです。根拠としては次のようなものがあげられます。
 
シュメール神話と日本神話には共通点がある。
 
シュメール神話の「イナンナの冥界下り」と古事記の「黄泉の国のイザナミ」
 
シュメール神話の太陽神アンの子、エンリルは、牛の角を持つ世界を統べる神であり、そのシュメールの神々が各地で習合されたり変換されたりして、ミトラ神、バアル神などになる。
日本ではミトラ神が、弥勒菩薩として伝播し、バール神は牛頭天王(京都祇園の八坂神社の祭神)=スサノオとして伝播している。
 
出雲神話に投影されている「牛」と「蛇」の起源は、シュメール神話の牡牛神「ハル」と女蛇神「キ」である。
 
 
スメラ(天皇)は古代バビロニア語のスメル(神)
ミコト(尊、命)、ミカド(天皇)の言語はミグト(天降る開拓者)
 
 
古代バビロニアの日像鏡、月像の首かざり、武神のシンボルである剣は、日本の三種の神器に一致し、古代バビロニアに多く見られる菊花紋は旭日を美術化したもので、皇室の菊花紋章に一致する。

じゃりんこ
じゃりんこ
3 months ago

熊本県にある押戸石の巨石群のなかにはシュメール文字が刻まれた鏡石という岩がある。
この石には神聖なる雄牛の文字と蛇神の文字がはっきりと刻まれていて、蛇神をナーガ、聖牛をバールと読む。「押戸石の丘」の地名は南小国町中原(なかばる)である。
 
 
“人々が東の方へ移動したとき、彼らはシンアルの地に平地を見つけて、そこに住んだ。”
創世記 11章2節
“主は言われた。「見よ。彼らは一つの民で、みな同じ話しことばを持っている。このようなことをし始めたのなら、今や、彼らがしようと企てることで、不可能なことは何もない。
さあ、降りて行って、そこで彼らのことばを混乱させ、互いの話しことばが通じないようにしよう。」
主が彼らをそこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。”
創世記 11章6~8節