昭和は遠ほくになりにけり

たまたま観てしまったコレ、『誘拐報道』。1982年の作品、ショーケンこと萩原健一の鬼気迫る演技。しかし、臭いがもろ昭和。驚いたのは新聞の活版印刷装置。手作業で活字を並べて紙面を作っている。バブル前夜なのだが、まだこんな感じだったんだと改めて。今は亡き懐かしい俳優がいっぱい・・・。

高校時代、『太陽にほえろ』でショーケン演じるマカロニ刑事が立ち〇ョンしてるところを刺されて殉職した時は、もう虚しくて虚しくて、しばらく観る気が起きなかった。その後釜がジーパンだったっけ(松田優作も故人だ)。ショーケンはその後のプライベートはめちゃめちゃだったようだが。

ちなみにショーケンの家はわが家の近く。この辺りは結構芸能人がいて、緒方直人&千堂敦子夫妻もぼくの奥さんの働いてる薬局に顔出すらしい。やっぱり芸能人オーラがあって、目立つとか。で、いろいろアドバイスしてやってるらしい。

それから『西部警察』で「大門君っ!」って甲高い声で叫んでいた二宮係長(を演じていた俳優、名前は忘れた。もう故人だとか)。かなり前のある日、近くを散歩していたら、TVで見た顔のオジサンがいてビックリ。ぼくも最近、YouTubeやってると、リアルでお会いする際、「あ、生ルークさんだ!」とか、「YouTubeよりスラッとしてるぅ」とか言われるのだが、これも映像のフシギ。それぞれに「Dr.Luke」の脳内イメージができているらしい。あと、あの「さよなら、さよなら、さよなら」の映画評論家の淀川長治氏(故人)。

まことに人生はトコロテン。ある時、舞台に登場して、一方通行で裏方へと去っていく。悲喜こもごも、それぞれの人生を演じつつ・・・。こうしてみるとぼくも、思へば遠ほくへ・・・ではある。

(影の声:そう言えば、平成ももう終わるんだよな・・・。)


Continue Reading

海が見たくなった・・・・

唐沢治

午前中、プールにて25M潜水にチャレンジ。実は2週間前に開始して、その時は20Mでアウト。先週、成功し、今週も成功。1,000Mを流して、ジャグジーの後、血圧も至適。一度ブレイクスルーするとあとは楽勝なのだ。マインドが作り上げたワクを破ること。

で、午後は江ノ島へ。こういった天気の日には海が見たくなるわけで・・・。この店のカジキステーキが目的。しかし波が荒い。そしてスウィーツはEggs'n Thingsのコレ。イースターバージョンらしい。生クリームを思う存分楽しめるがうれしい。ついでにV8ジュースにシロップを入れるとイケることを発見。最後は鎌倉小町をブラッと歩き、鎌倉コロッケを堪能。歩き食いするコロッケは実にウマいのだwink


Continue Reading

ファジーを求める時代

本日、果たしてアメリカが北をやるかどうか・・・。

で、極私的には一昨日、Motion BlueにてakikoのLIVE。 ムード・スィング・Jazz。アダルトな感じで、私好みに脱力して、ややボッサ的でもあり、イイ雰囲気です。VSOPが沁みました。シャンティともう一人ゲストシンガーとのセッションもゴージャスでしたウィークデイなのに満杯。というわけでちょっと脱日常。関心ある方はこちらをどうぞ(⇒akiko)。

最近、若者の間で LPレコード、カセットテープ、そして写ルンですが流行りとか。アナログの曖昧さというか、フォーカスが甘い感覚というか、生温かさというか、そんな要因がデジタルの全か無かの無機質な感覚に対抗している感じ。デジタルはキンキンして、ただでさえ神経立つことが多い時代ゆえ、アナログ回帰なんだろうね。大衆、特に若者はファジーなものに心の置き処を求めているわけ。

その点、JAZZなんかは楽譜にぴったりはまるクラシックとは異なり、不協和音スレスレを狙ったまことにファジーな世界。極私的には実に気持ちイイのだ。


Continue Reading

米連邦政府による核戦争時対策マニュアル

私、2010年にこのような記事を書いております:「米連邦政府による核戦争時対策マニュアル」(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/1705.html)。その中で紹介したこのマニュアル、PDFで保存して置きましたのでご参考までに(⇒http://www.kingdomfellowship.com/…/NuclearDetonationPrepare…)。

またこちらの記事:「NY市による『終末マニュアル』」(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/1850.html)で紹介しておりますNY市の終末マニュアルもどうぞ(⇒http://www.nycourts.gov/whatsnew/pdf/PublicHealthLegalManual.pdf)。

この記事を書いた後、2011年3月8日に「2011年3月11日何かが起きる」という記事(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/1900.html)で"MAR. 11 2011, THE DAY IT'S COMING!"と赤字で警鐘を鳴らしました。そして11日の午前には地震に注意と書いております(⇒http://www.dr-luke.com/diarypro/diary.cgi?no=1909)。まさかあそこまでとは・・・。

2017年、予測不可能な年。これまでのパラダイムが次々に崩壊する年です。

追記:しかしわが国でこんなマニュアルを行政が配布したら、一発で社会ヒステリーでしょうね。まことにこの絵のとおりなのだが・・・sad

 


Continue Reading

真央ちゃんネタから―信心銘いわく

2005年に私はこう書いている(http://www.kingdomfellowship.com/blog/index.cgi?no=1300)―

無邪気さの強さ:
フィギュアの浅田真央ちゃんは実に強い。プレッシャーもなく、伸び伸びと滑っている。勝とうとしていないし、うまく滑ろうともしない。ただ楽しんで滑っているだけ。あの無邪気さにベテランもかなわない。彼女たちもかなり良い成績を出したが、見ている方がハラハラする。特にラストの安藤美姫(18歳には見えない・・・)は緊張感がビンビンと伝わってきた。

ところが二位だった真央ちゃんにはそれがない。単純に演技を楽しんでいる選手を見ると、観客も楽しめる。実は私たちの信仰も同じ。勝とうとしたり、クリスチャンとして失敗しないように、あるいはうまくやろうと構えると、見ている人たちもハラハラ。無邪気さの中で力が抜けた真央ちゃんスタイルで生きたいと感じた。

そして2014年(http://www.dr-luke.com/diarypro/archives/4137.html)―

しかし、いつか来ると心配していた安藤美姫化が今回真央ちゃんにも起きてしまった。得点55.51に、自分でも分からない・・・と呆然とインタビューに答えた彼女が痛々しい。今回は羽生が以前の真央ちゃん状態で滑れていた。何事もそうだが、意識した途端に自由を失ってしまうのだ。美空ひばりも歌っていた、「勝つと思うな、思えば負けよ~」と。ちなみに禅語にこのようにある:

信心銘
至道(しいどう)は無難なり/唯だ揀択(けんじゃく)を嫌う
纔(わずか)に憎愛無くんば/洞然として明白(めいばく)

道に至ることは単純である。揀択、すなわち事の善悪や白黒を離れればよい。愛とか憎しみとかの相対世界を超えるとすべては明らかなのだ。善悪を知る知識の木の世界を離れたいのちの木の世界に生きること。これこそがいのちの法則のままに生きる自由をもたらすのだ。真央ちゃんも滑ること自体を楽しめばよいのだ、かつてのように。

ついに2017年―今回の引退インタビューで彼女自身がこう言っていた:小さい頃は何時間もただ滑っていることが楽しかった。でも、今はいろいろ考えてしまう・・・。

まことに知性によって彼女の無邪気さは消えてしまったのだ。人間、いろいろ考え出したらおしまい。原点はアダムとエバが享受していた無垢を、善と悪を知る二元論的価値観に堕ちた人類は喪失したのだった。

アイデンティティー・クライシスに陥ることなく、普通の女性の人生をゲットバックしてね♪

●意識の扱い方について(⇒http://www.dr-luke.com/Topics/consciouness.html


Continue Reading

ジーザスは真のボディビルダー―イメージの重要性―

ルーク唐沢

トレッドミルで30min、筋トレ30min、バス15min。さすがにクラッとキタ。私は超低血圧。しかし気持ちイイsmiley 狙った筋肉の出来上がりをイメージしつつトレーニングすること。このイメージを明確に持つことはきわめて重要。たいていそのイメージ通りになるものだから(Gen 11:6)。

そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。―創世記2:22

エバはアダムが眠らされている間にわき腹の傷から取られた骨によってビルドアップされた。そしてアダムとエバはキリストとエクレシアの型である(Eph 5:32)。エクレシアはキリストが眠らされている間にわき腹から流れた血と水により、御霊から生み出された新生命である。

エバがアダムのいのちの分与を受けてビルドアップされたように、エクレシアはキリスト復活のいのちを分け与えられて、現在もビルドアップされつつある。エクレシアはまたキリストの体でもある。まことにキリストはご自身のボディをビルドアップされているのだ。

注意:キリストの体は人間が歴史の中で組織した教団や教派、あるいはナントカ同盟や連盟などではない。それは単なる宗教組織。エクシレアは奥義であり、それは宇宙的新生命体なのだから。


Continue Reading

Dr.Lukeの一言映画評-PASSENGERS

かつての『2001年宇宙の旅』やその続編、さらに『インターステラー』や『ゼロ・グラビティー』に続く宇宙のSF。映像も美しく、ちょうど宇宙のアダムとエバ的なストーリー。果たして人は物理的空間において二人だけで生きられるのか。宇宙で孤立することを考えるとある種の畏怖の念を覚える。

が、考えてみれば、この地球とて、物理的には孤立系。70億人と2人の違いだけ。つまり物理的にはこの広大な宇宙でポツンと放置されているのが宇宙船地球号なのだ。エロヒムは当初アダムとエバのみを創造された。で、彼らから次々に増殖したのが人類。アダムとエバはどんな生を送っていたのだろうか。

宇宙において孤立したとき、多分物理的空間においてだけならば、生きることはほとんど虚無だろう。が、それはこの地球上においても同じ。つまり、五感の領域において、物理的時空間をサバイバルするだけなのだから。その虚無から解放される道は?

そう、霊的領域へのアクセスだ。神との交わり。私は思考実験する、一人だけで宇宙に飛ばされたとき、神の臨在を感じるならば、そこは虚無空間ではないと。事実、アポロ宇宙飛行士は月面でものすごい神の臨在を感じたのだった。この世の五感の喧騒から離脱するならば、この旧創造に属する肉体をもっても、神を文字どおり手で感じることができるのだ。

ラストで一本の植えられた木が、樹へと成長し、繁茂している光景は何か命の潤いを感じて救われた感覚を覚えた。オススメ!


Continue Reading