タグ: 終末

Dr.Luke的日々のココロ

再建主義におけるダニエル預言の70週の解釈

これは重要なので、クリップさせてもらう。 ダニエル書9章の70年について この70週は、文字通りの時間を示しているのではない。 黙示書・預言書における数字は、象徴表現である。 ここでは、「7週」が一つの単位として扱われて…
もっと読む

本日の一冊:『2020年世界の真実』

なお、私は2011年3月8日に11日の異変を警告し、11日午前中には日本の対イスラエル姿勢に問題があるとし、地震の危険性を指摘した。当時のVIPクラブの民主党土肥氏(故人)などがおかしなことをしていたのだ(☞http:/…
もっと読む

聖霊はジーザス・アンリミテド

このキャッチコピーはベニー・ヒンのもの。彼が2015年あたりに自分の聖霊論がおかしいことを悔い改めたことはすでに紹介した。まことにそのとおり。聖霊はご自身を証しされない。ジーザスの霊として、ジーザスの言葉を語り、ジーザス…
もっと読む

Dr.Lukeの一言映画評:『七つの会議』

われわれ的には、互いに隣人に真理を語れ、だが。-Eph 4:25

1コリント15:22は万民救済を説くか?

アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。-1Cor 15:22 この聖句をもって万民救済の根拠とする向きがあるようだ。聖書の言葉の解釈にはその人の内面が投影され…
もっと読む

ポスト・トゥルースの時代

三橋氏のプログラムは実に明快。時代はPost Truthの時代。嘘が当たり前になっているニッポン社会。ニッポンキ業界などはすでにであるが、まことにこの二つは合わせ鏡だ。欺く者は自らをまず欺く。すると人を欺くことができるの…
もっと読む

終わりが来る条件-マタイ24:14

再建主義(のパーシャル・プレテリスト)では現在既に千年期であるとし、全世界にモーセ律法による司法社会制度が確立し、地上が文字通りのイエスの支配により福音化された後(ポスト・ミレ)、イエスが二度目の再臨をされ1)一度目の再…
もっと読む

終末の兆候=米のオピオイド依存症=

また彼らは人を殺すこと、まじない、みだらな行い、盗みを悔い改めなかった。-Rev 9:21 φαρμακεία pharmakeia far-mak-i’-ah From G5332; medication…
もっと読む

”世界政府運動は黙示録20章の「復活したサタン」による”と再建主義者

いつもの再建主義者富井氏の論。これも面白いのでCLIPしておこう。またイスラエルとエクレシアについてのシェーマが提示されているので、リンクさせてもらう。見えない場合はこちらを。 ここでも私の理解は経綸的選び(善悪の木の平…
もっと読む

「黙示録19章まではすでに終わり千年期に入った」と再建主義者

いつもの再建主義者富井氏の論。現在はすでに黙示録20章の千年期に入っていると。同じ聖書を読みながらここまで乖離があるテーマもめずらしいでしょう。 ☞終末の予言について@KFサイト 大宣教命令が虚しいとか、再臨待望は敗北主…
もっと読む

ノアの日とはハイブリッドの時代

ここでもエロヒムの概念がポイントになる。いわゆるキリスト教の神学などは人がねつ造したものに過ぎない。ヘブル語のマトリックスに入ること。カギは創世記6章にある!(☞神の新創造セミナーII)

ソロモン神殿の真の位置はどこか?

そこで、イエスは言われた。「これらすべての物を見ないのか。はっきり言っておく。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」-Matt 24:2 ネタニヤフは第三神殿再建に本腰を入れている。問題はあの黄金のモス…
もっと読む

反キリストはイスラム系か―台頭する終末のカギを握るトルコ―

反キリストはイスラムから?との説が最近浮上しているは前から指摘している。その有力候補地がかつてのオスマン帝国、99%がスンニ派のトルコなのだ1)昨今、ロシアやイランとの結びつきを強め、反イスラエルの姿勢を明確にしている。…
もっと読む

再建主義者、旧約聖書のエゼキエル書から「今後の世界情勢」を語る牧師はすべて偽預言者である

Dr.Lukeと富井氏のシェーマ 再建主義者はプレテリストのスタンス。つまり黙示録(正確には啓示録)はすでに過去のものとする立場。中でも富井健氏はパーシャル・プレテリスト1)現在は千年期であり、新天新地はこれからとする立…
もっと読む

フェイスこそ内部からの崩壊の中で生きるカギ-トロイの木馬に注意せよ

トロイの木馬。いわずもがな、トロイア戦争においてギリシャ軍が用いた戦術。トロイアは城壁の内部に敵の侵入を許してしまったのだ。最近ではPCウイルスにも同様の名のものがある。そして今、敵の策略は同じ。 いわゆるキリスト教会の…
もっと読む

地政学も神のマトリックス-エルサレムは分割される-

Trump is dividing Jerusalem うん?この見解は要注目だ。ゼカリヤ書ではエルサレムは二分されると予言されているわけ。 14:1 見よ、主の日が来る。かすめ取られたあなたのものが/あなたの中で分けら…
もっと読む

「ユダヤ人がパレスチナ人を追い出した」というマトリックス

世界紛争の火種とされるイスラエル。NHKや朝日新聞あたりでは必ず悪者とされる。いわく、AD70年にローマに滅ぼされ、二千年間ディアスポラとしてさ迷いつつ、1948年にイスラエルを再建国、世界から帰還したユダヤ人がすでに居…
もっと読む

終末の光景の序章

Trump Guided by God’s Hand to Help Build Third Temple 次は第三神殿。先に書いた通り、1917年バルフォア宣言、1967年エルサレム奪還、そして2017年エ…
もっと読む

2017年エルサレム首都宣言とダニエル預言最後の1週開始の可能性

1917年(ヨベルの年)バルフォア宣言、1967年エルサレム奪還、そして2017年エルサレム首都宣言。そう、ヨベルの50年サイクルだ。 なお、1948年はイスラエルの再建だが、聖書預言的には次のように成就している。 イス…
もっと読む

四つの封印はすでに解かれている

ついにトランプがエルサレムをイスラエルの首都と認めた。これはモスレムをかなり刺激する。まことにゼカリヤ書にあるとおりの展開になりつつある。 託宣。イスラエルに対する主の言葉。天を広げ、地の基を置き、人の霊をその内に造られ…
もっと読む

四頭の馬に乗る者たちの正体

白い馬、赤い馬、黒い馬、青白い馬。黙示録6章だ。いわゆる前艱難期携挙説では、白い馬に乗る者が反キリスト。赤い馬は戦争、黒い馬は飢饉、青白い馬は死とする。が、なぜ白い馬のみが特定の個人なのだ?と私は以前から疑問を呈している…
もっと読む

666マトリックスの秘密

わたしは父の名にあってきたのに、あなたがたはわたしを受けいれない。もし、ほかの人が彼自身の名によって来るならば、その人を受けいれるのであろう。 互に誉を受けながら、ただひとりの神からの誉を求めようとしないあなたがたは、ど…
もっと読む

ご紹介:エレミヤ氏のメッセ

わが30年来の友人エレミヤ氏の警鐘。子供たちが小さい頃、キャンプを共にしたりしました。彼もニッポンキ業界とは一線を画して、ある意味一貫している。彼はつねにキ業界における終末の欺瞞を意識しておりますが、実にイイ風味を醸して…
もっと読む

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村