歴史

本日の一冊:ノーム・チョムスキー『誰が世界を支配しているのか?』 フェイス

本日の一冊:ノーム・チョムスキー『誰が世界を支配しているのか?』

サタンは光の天使に偽装する(2Cor 11:14)。この御言葉の意味は深い。別にサタンが天使の恰好をするわけではない。 この画像はお笑いネタだが、この羽根、ある聖霊派の人物が天使の羽根であるとマジで紹介していたもの。オメデタイ限りではある。 さて、冗談は吉本で本論へ。2011年には年初から「今年は1…
重信房子氏の自己総括 書籍

重信房子氏の自己総括

彼女の文章はかなり観念的であり、抽象的な脳内空転が多い。これがただちに行動として表出してしまうわけで、この点、われわれ一般人には理解しがたい点である。パレスチナ側の正義にのみ依拠し、イスラエルを悪と断じる姿勢は、まさに善と悪を知る知識の木の生き方そのものである。善と悪を知る知識の木の実を食べ、罪に落…
読了-重信房子著:戦士たちの記録 パレスチナに生きる 書籍

読了-重信房子著:戦士たちの記録 パレスチナに生きる

読了。なにゆえ彼女たちがリッダ事件に発展したのか、彼女の目を通して当時のイスラエルとパレスチナを見ている。左思想にハマって、その頑なまでに強固な正義感を持て余し、脳内空転した挙句の暴挙と見える。見方が極めて一方的であり、事実の解釈も主観的である。自らの破壊的欲動を正義の偽装で隠しつつ、事実をすべてそ…
鎌倉のディープ探索 日記

鎌倉のディープ探索

今、話題の鎌倉。これまであまり知られていなかった北条義時に光を当てた構成で鎌倉殿の十三人は展開する。小栗旬が演じてるゆえか、どこでも若者、特に女の子がやたら多かった。かねてより、鎌倉&江ノ島はわがフェイヴァリット・ロケーションであるが、最近はちょっとディープな場所を探索している。 本日は一条恵観山荘…
続・神学は精神病理の反映-ルターとヒトラー@FB過去ログ フェイス

続・神学は精神病理の反映-ルターとヒトラー@FB過去ログ

・・・キリスト教の外側から見るとルター派と改革派(カルバン派・ツビングリ派)は同じようなものだが、改革派から見るとルター派はむしろカトリックに近いくらいである。ルターの世界観も僕の規範からすると半分カトリシズムだ。ルターには狂気に近いものがある。ヒトラーが最も尊敬していた偉人はルターで、ナチズムはル…
元ウクライナ大使馬淵氏の語るウクライナの真実 書籍

元ウクライナ大使馬淵氏の語るウクライナの真実

日本のマスゴミはいかにも勧善懲悪、プーチン=悪もん、ゼレンスキー=イイもんの構図でしか見ていない。いつものことながらお花畑的な浅薄さの極み。 馬淵氏は2014年の著書で今日を見事に想定していた。 まことに馬淵大使の予言のとおりだ。プーチンも単なるコマのひとつなのだ。 pic.twitter.com/…
プーチンの演説-真実はどちらに? 歴史

プーチンの演説-真実はどちらに?

北川教授のFBから全文引用させていただく: 現代史の要約がここにはある。無論いかなる学校で扱われることもなく、誰も教えてくれない。(無論、MSM、政府は完全シカト、これは、コロナ-ワクチン騒動、米大統領選2020どれも同じ。日本は、間違いなく、世界一だろう。) 「全体として、米国が法と秩序をもたらし…
『論理哲学論考』から見た受肉の奥義-御子はYHWHのフェイスである- フェイス

『論理哲学論考』から見た受肉の奥義-御子はYHWHのフェイスである-

ヴィドゲンシュタインの結論は「語り得ぬことは沈黙すべきである」だった。ゆえにYHWHのサブスタンスそのものであるロゴスがこの五感の領域に出現する(エビデンス)必要があったのだ。すなわち御子はYHWHエロヒムのフェイスである。 今、フェイスとは願われるサブスタンス、観測されていないことのエビデンスであ…
地下鉄サリン事件27年目の今明かされる真実とは… 歴史

地下鉄サリン事件27年目の今明かされる真実とは…

繰り返すが、ジーザスはキリスト教の教祖でもないし、聖書はキリスト教の経典でもない。キリスト教なる宗教体系はすでにYHWHエロヒムの啓示から外れていることに注意せよ! 正統神学や伝統などに騙されることのないように。 しかし今思うに、あれだけの大規模事件をオウム真理教なる宗教団体だけで行えるのだろうか。…
主の主権と我らの応答 フェイス

主の主権と我らの応答

神の選びと人の自由意志の関係はいわゆる「カルバンVSアルミニウス論争」として知られているが、われわれサイエンティストから観るとナンセンスであることをすでに何度も指摘している。そもそも自由意志なるものが幻想であることも(☞参照)。われわれは聖霊のプロンプトに応じただけなのだ。 アダム系人類 キリスト系…
世界の構図はNWO確立へ向かう 歴史

世界の構図はNWO確立へ向かう

これは聖書の終末論でも啓示されているとおりであるが、最近では、かつて陰謀論とされてきたテーマが表で議論されるようになってきた。すでに紹介している馬淵大使や林千勝氏などの著作が秀でている。 https://www.dr-luke.com/blog/2021/06/29/%e6%9c%ac%e6%97%…
『國破れてマッカーサー』読了 書籍

『國破れてマッカーサー』読了

先の途中経過のつづき((本書は文系独特の訳わかめの論を展開するのではなく、時系列的に事実を提示しているだけなので、実に読みやすい。解釈された「歴史」ではなく、アメリカの公文書館から発掘した文書に基づいて社会事象そのものを記録している貴重な書だ。)) https://www.dr-luke.com/b…
西鋭夫著『國破れてマッカーサー』購読中間報告 書籍

西鋭夫著『國破れてマッカーサー』購読中間報告

592ページの大部、現在ちょうど半分辺り。この時点での中間報告を― ただただため息をつきつつ読んでいる。彼はよくぞここまで日本を解体したものだ((そもそも戦勝国が敗戦国の憲法を変えることは国際法で禁止されている。それを臆面もなくやったのが彼だ。九条の中に日本人の歴史と霊性をすべて押し込めたのだ。私の…
米の属国ニッポンの自立はもはや無理であろう 歴史

米の属国ニッポンの自立はもはや無理であろう

Twitterを転載しておく― 新自由主義からの脱却を公約にした岸田氏、なんと新自由主義の旗手竹中氏を日本型資本主義会議に起用するとか。いやはや分裂した自我の典型ではないか。しかし、これとてもそもそも岸田氏が変えることのできるような事象ではないということだ。大きな世界の潮流に組み込まれてしまっている…
ニッポン社会とニッポンキリスト教は合わせ鏡である 歴史

ニッポン社会とニッポンキリスト教は合わせ鏡である

つづき:少なくとも我々が言論を展開するとするなら、こんな恥晒しな真似になることだけは絶対回避せねばならぬと、思います。 この藤井先生のご指摘、言いえて妙。まさにニッポン社会の合わせ鏡ニッポンキリスト教の様でもある。韓国を訪れて土下座してくる牧師やバルトセンセのお説をよくよく拝聴せよ!とする”高尚”な…
本日の一冊:『國破れてマッカーサー』 書籍

本日の一冊:『國破れてマッカーサー』

ただいま購読中。あの戦争は何だったのか?大部ではあるが、実にサクサクと読みやすい。著者は5歳の時、進駐軍からギヴミーチョコレートの経験があるが、それが現代ニッポンの病理であると。膨大な未公開資料を狩猟しての本作。読了後また報告します。 現在この国は内部から浸食されている。すでにWW2時点で共産主義者…
神武王朝とジーザス王朝-Y遺伝子の継承- フェイス

神武王朝とジーザス王朝-Y遺伝子の継承-

現在、天皇家が揺るがされている。KKさんの件はさておいても、女系天皇を認めるべきや否やと。現代、男女同権の時代にあっては女系を認めるのはなんら問題ではないとするむきもある。天皇というポストがあって(あの美濃部達吉の天皇機関説のように)、そのポストに誰が座ってもいいではないかと言うわけだ。が、ここで問…
本日の一冊:『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』-マトリックスの解明- 書籍

本日の一冊:『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』-マトリックスの解明-

cont. 聖書的視点から見ると、バベルの塔の再建を目録む勢力が存在するのだ。そこに「ユダヤ的なもの」あるいは「旧約聖書の歪曲」を見ることができる。国境も民族もYahawehエロヒムが定め、各地にエロヒムを配置していることはDr.Heiserの指摘していることだが、その方の意志を無効にすることこそ、…
時代は『1984』の世界に-バビロン・システムの二面性- 歴史

時代は『1984』の世界に-バビロン・システムの二面性-

5年前のFBの記事だが、まさにこの傾向が顕著に。すでに世は監視社会。コロナにより見事にMCされている。あのオーウェルの『1984』が現実化している。RNAワクチンが獣の印とは思わないが、その予行演習ではあるだろう。自分の心を取るか、同調圧力に屈するか。 cont. マインドコントロールの初歩は、サジ…
裏返った価値観が裏返りつつある 歴史

裏返った価値観が裏返りつつある

バイデンの対中政策がトランプのそれと酷似してきた。それはバイデンの変心によるのではなく、裏の勢力DSが一貫しているからだ。彼らの目論見は世界統一政府。そのために戦後中共を育て、ソ連を利用したが、ソ連は不要となったため崩壊。今、中国が同様に使い捨てにされる様相を呈してきたのだ。このあたりの歴史の真実は…
Translate »