異見

裏返しの時代-地獄への道は善により舗装されている 独白

裏返しの時代-地獄への道は善により舗装されている

いよいよアイキャッチ画像のようなファッションがあるようだが、すでに医原病などの用語に象徴される裏返しの時代が到来している。FBの過去ログを紹介する。 その苦しまれている1人が家族の中にいることで、その苦しみが家族全体に及ぶのです。 一時は牧師が推薦する心療内科に牧師同伴で月3回くらい通院し、薬漬けに…
『論理哲学論考』から見た受肉の奥義-御子はYHWHのフェイスである- フェイス

『論理哲学論考』から見た受肉の奥義-御子はYHWHのフェイスである-

ヴィドゲンシュタインの結論は「語り得ぬことは沈黙すべきである」だった。ゆえにYHWHのサブスタンスそのものであるロゴスがこの五感の領域に出現する(エビデンス)必要があったのだ。すなわち御子はYHWHエロヒムのフェイスである。 今、フェイスとは願われるサブスタンス、観測されていないことのエビデンスであ…
世界の構図はNWO確立へ向かう 歴史

世界の構図はNWO確立へ向かう

これは聖書の終末論でも啓示されているとおりであるが、最近では、かつて陰謀論とされてきたテーマが表で議論されるようになってきた。すでに紹介している馬淵大使や林千勝氏などの著作が秀でている。 https://www.dr-luke.com/blog/2021/06/29/%e6%9c%ac%e6%97%…
ニッポン社会とニッポンキリスト教は合わせ鏡である 歴史

ニッポン社会とニッポンキリスト教は合わせ鏡である

つづき:少なくとも我々が言論を展開するとするなら、こんな恥晒しな真似になることだけは絶対回避せねばならぬと、思います。 この藤井先生のご指摘、言いえて妙。まさにニッポン社会の合わせ鏡ニッポンキリスト教の様でもある。韓国を訪れて土下座してくる牧師やバルトセンセのお説をよくよく拝聴せよ!とする”高尚”な…
本日の一冊:『中国に侵略されたアメリカ』 書籍

本日の一冊:『中国に侵略されたアメリカ』

本書、いろいろあって、今だ係争中の山口敬之氏の最新刊。現地の綿密な取材に基づいたレポート。今回河野が落ちたことは実によろしかったが、こういった中国の工作を受けている人物は日本だけではない。アメリカにもBLMやLGBTQなどの人権運動を隠れ蓑に、中国の共産主義化(毛化)工作がなされているのだ。扱いやす…
コロナは生物兵器の可能性 独白

コロナは生物兵器の可能性

新型コロナは人工生物兵器の配列であるが、これを見せて、この配列の一部を作るワクチンを体に入れるのが良いというのは何故ですかと聞くのが良い。何故生物兵器の配列を体に入れるのが医療なの? https://t.co/IgjCUUWPRg— アーロン大塚 (@AaronOtsuka) Augus…
時代は『1984』の世界に-バビロン・システムの二面性- 歴史

時代は『1984』の世界に-バビロン・システムの二面性-

5年前のFBの記事だが、まさにこの傾向が顕著に。すでに世は監視社会。コロナにより見事にMCされている。あのオーウェルの『1984』が現実化している。RNAワクチンが獣の印とは思わないが、その予行演習ではあるだろう。自分の心を取るか、同調圧力に屈するか。 cont. マインドコントロールの初歩は、サジ…
バイデン大統領誕生か? 異見

バイデン大統領誕生か?

先に極私的にはトランプだが、バイデンの場合は・・・と書いた。これにはわけがある。バイデンが立つ場合、世界は中国のやりたい放題となり、欺瞞と混乱に陥ることは明らか。そして世界統一政府への動きが加速するであろうとメッセでも語ったが、ある姉妹が主の再臨を早めるにはその方がいいのではないかと言われた。極私的…
正義は病む-Dr.キリコ事件と相模原事件 異見

正義は病む-Dr.キリコ事件と相模原事件

令和新選組の大西つねき氏が高齢者の命の選別論を展開した矢先、ALS患者を安楽死させる事件が起きた。なんともなシンクロニシティだ。しかし、同じ病理による事件はすでに相模原の老人ホームでの大量殺人事件がある。 Dr.キリコ事件、老人ホームの大量殺人。福祉の現場は病んでいる。学生時代、福祉施設を見学した時…
BLMの本質的病理 歴史

BLMの本質的病理

FBにてユニークな活動をしている石井マレ牧師の記事を紹介したが、この種のトピにはセンシティブな反応が来るようだ。 極私的には、警官によるフロイド氏の死を利用した極左巻きの一種の米国分断運動に見えることは否定できない。もちろん11月の大統領選も射程に入れているだろう。バイデンがどうも変態傾向があり、さ…
コロナが暴露した幻想国家”ニッポン”の病理 異見

コロナが暴露した幻想国家”ニッポン”の病理

https://www.youtube.com/watch?v=5lfWN_P0LC4 日本は国家権力が弱いから束縛が生まれるという逆説。まさに「赤信号みんなで渡れば怖くない」、裏を返せば、「青信号ひとりで渡ると怖くなる」の同調性バイアスの強固な社会だ。ファシズムはトップダウンではなく、ボトムアップ…
マウンティングに長けた空虚な人物が支配するディストピア 書籍

マウンティングに長けた空虚な人物が支配するディストピア

本書、一挙に読了。夏に読むべき本だ。クールビズを唱えただけあって、実に冷える。一言でこの女の正体を言えば、虚構、フェイクである。彼女の脳内マトリックスに絡めとられてオジサン政治屋たちが次々に落される。松本清張の『黒革の手帳』並みの面白さ。 彼女の得意技はマウンティング。猫なで声の甘言をもって相手を篭…
わが予言の成就 告知

わが予言の成就

これは2018年9月10日のFBにポスト。この五輪には天意がないとずっと語ってきたが、今回は地震ではなかったが、地震もヤバイモードになってきた。 東京湾で地震が4連続!M3.5・M2.6・M2.9・M2.9 首都圏地震の震源域 長野や岐阜の群発地震も続く 揺江月 一石高樓金鏡滿 何来忽生風麈面揺江…
二重写しの予言か二回の携挙・再臨か? フェイス

二重写しの予言か二回の携挙・再臨か?

いわゆるプレ・ミレのディスペンセイション主義の立場ではマタイ24章やルカ21章の終末予言はAD70年のエルサレム陥落と来るべき終末の状況が重ねて記述されていると考えている。 対してポスト・ミレの再建主義者はそれらをAD70年に限定し、その代わりに二回の携挙・再臨を唱える。AD70年に一度目の携挙と再…
コロナは3月末にはピークアウトしていた 異見

コロナは3月末にはピークアウトしていた

私は3月27日の時点でこう言った: そして今、このような評価がなされつつある。緊急事態宣言の効果をきちんと評価すること。果たして40万人以上が死亡するような事態だったのかどうか。これをしないのが日本の伝統でもあるのだが。今後、経済の手当てができるか否かは、MMTの理解にかかっていると言ってよい。 緊…
振るい分けの時代 フェイス

振るい分けの時代

いわゆるボクシがいて、日曜礼拝があって、そのお勤めに従っていればクリスチャンとしてのアリバイができるといったキリスト教の在り方はすでに崩壊している。私は20年近く、このキ業界なるものはガラガラポンされる必要があると言ってきた。その焼野原から純粋なYahawehエロヒムの復活のいのちの業が現れると。時…
コロナによる宮清め-ニッポンキ業界の崩壊- フェイス

コロナによる宮清め-ニッポンキ業界の崩壊-

現在、ボクシの崩壊が起きつつあるのだとか。大いにけっこうではないか。もともとボクシなどは主の言葉を無視しているわけで、主ご自身が憎みかつ戦うとまで言われる存在。真のYahawehエロヒムのわざはキリスト教なるバビロンシステムが崩壊したときに現れるのだ。 Ganga at Rishikesh, nea…
コロナとAIロボット化社会 異見

コロナとAIロボット化社会

人類にとって最後の秘境はブレイン。そしてブレインが制覇されるならば、残るはスピリットに開眼する他、人類の生存意義は見いだせなくなるであろう。人の本質はスピリットだから・・・・。 で、私は2000年頃から「霊精神身体医学」を提唱している次第。 もしかしたら、アバターに人生を生きてもらう事態になるやもし…
Translate »