独白

CT対根田控訴審に思うこと 独白

CT対根田控訴審に思うこと

https://www.youtube.com/watch?v=S2zWWsToqfM 極私的にCT対根田裁判について疑問を覚える点は、CT側はダビデ張とは何ら関係がないと主張し、根田側はCT社創設者や現社長にはダビデ張の息がかかるとすること。 これはちょうど宗教のS学会の会員と思われる者たちがメデ…
続・「仏」とは何か?-華厳経の洞察力:「一切は心が作り出す」- 書籍

続・「仏」とは何か?-華厳経の洞察力:「一切は心が作り出す」-

われわれが主観的に経験している「色」は脳が作り出したクオリアであって、それは物理的には存在していない幻想であることは何度か指摘している。存在している実体(サブスタンス)は波長の異なる電磁波あるいは光子である。まさに色即是空。 このGIFはそこのことを明瞭に現わしている。人間の目は三色光に対する受容器…
「仏」とは何か?-葬式仏教をエクソダスせよ! フェイス

「仏」とは何か?-葬式仏教をエクソダスせよ!

わたしの主張はキリスト教なるマトリックスをエクソダスせよ、というものだが、実は仏教でも同様の事象が起きている。つまり、今見ている仏教の光景は本来の釈迦牟尼の説いたものではないのだ。彼は自分を拝むなと教え、僧は葬式に関わるなとも指示している。死者を拝することなどあり得ない。 では、「仏」とは何か? そ…
絵画の魅力:コロー展の観想 独白

絵画の魅力:コロー展の観想

これはかつての記事の再録。()内の数字は注に挙げたコロー自身の発言と合致するDr.Lukeの主張。 コロー展はよかった。初期の写実性を追及した(☞1)作品よりも中期以降の彼の自然の解釈(☞3)が入った作品の方が私の好みであるが、やはり光の描き方が鍵である。私たちは絵を描くとき、輪郭を"線"で描くが、…
赤いジーザスと呼ばれた男チェ・ゲバラの言葉@FB 映画

赤いジーザスと呼ばれた男チェ・ゲバラの言葉@FB

ゲバラのことば:クルね、何気にバイブルと重なる。ただし、社会主義の致命的欠点はそれを神の霊によらずになそうとすることなのだが・・・。しかし彼はビジュアルも最高だ。 「バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像す…
サタンは光の天使に偽装する-人に自分を任せることの危険性- フェイス

サタンは光の天使に偽装する-人に自分を任せることの危険性-

本作品、Amazonで改めて通して観たが、心理ドラマとして実によくできている。認知的不協和を最小化するために無防備に他人を信頼し、自分の心の中に招き込むと、家族を、人生を、そして自分自身を搾取され、ついには破壊されるプロセスが精緻に描かれている。それが偶像、アイドルの本質である。 傷つき易い人は裏返…
Dr.Lukeの一言ドラマ評:『荒地の恋』 日記

Dr.Lukeの一言ドラマ評:『荒地の恋』

本作品、極私的に好きな京香さんがやややつれた女を演じている作品((ぼくの好きなタイプは彼女とか小雪さんね😎))。 人間の生と死の不条理、許されざる男と女の関係の切なさ、そして老いと病、派手な展開はないが静かに問いかける作品。 かつて『荒地』なる同人の男たちがひとりの女明子を巡って家庭…
またこの日が・・・・ 日記

またこの日が・・・・

首脳会談へ向かうバイデン米大統領(右)と岸田首相=?日、ワシントンのホワイトハウス(共同) ニッポンキ業界は現実を見ることもせず、妄想かつ幻想的「リバイバル音頭」の空回り、牧師らはバベル憲章の下で人集めのため世間のご機嫌伺いに堕し、預言者的働きなどは皆無。 嗚呼、クラゲ国家ニッポンは世界の潮流に漂い…
ニッポンキリスト教界のある裁判に関する私見 独白

ニッポンキリスト教界のある裁判に関する私見

前にもちょっと書いたが、今、ニッポンキリスト教界において、某メディアがジャーナリストの某氏を名誉棄損で訴えた裁判が東京地裁で進行している。昨年末、私も傍聴してきたが、3月には判決言い渡しとなるらしい。ちょっと私見を加えてみたい。 https://www.dr-luke.com/blog/2023/1…
正月三が日を終えて・・・ 日記

正月三が日を終えて・・・

救援任務において亡くなった5人のご家族や、生き延びた海保の機長とそのご家族のことを考えるとまことに心が痛むところだ。 4.そもそも羽田管制と海保の離着陸プロトコルの祖語の有無は といったところでしょうか。 いずれにしろ原因は元JAL機長が指摘する通り複数であり、管制、JAL機、海保機の当事者の世界線…
世界線が交差する点-GPSのある人生とない人生 フェイス

世界線が交差する点-GPSのある人生とない人生

時空間は位置座標(3次元)と時間(1次元)で決まる。これを「4D時空連続体」と言うが、ナビも衛星群からの情報を処理して地図上に現在位置をマップする(このアイキャッチ画像は昨年末新調したNAVI)。この時空連続体における点の軌跡を「世界線」と言うが、自分と他者の「世界線」が同じ点において交差すると相互…
最近ちょっと感じる希望の光-愚かな大衆のマインドを変えるには最低20年はかかるってお話です フェイス

最近ちょっと感じる希望の光-愚かな大衆のマインドを変えるには最低20年はかかるってお話です

ニッポンキ業界では- イエシュアの誕生日は秋であることは2001年から語ってきてるが、ようやくニッポンキ業界でも認知されるようになってきたようだ。 キリスト教なる宗教マトリックスからのセコンド・エクソダスも20年近く訴えているが、これもようやく理解する人々が増えて来た。 聖霊派の聖霊論の誤りも聖霊派…
ニッポンキ業界の聖書と関係のない事柄 フェイス

ニッポンキ業界の聖書と関係のない事柄

人間、何かを一度刷り込まれるとなかなかメタイノア(=思い改め)することは困難、というよりしたくない性向を有することは、ニッポキ業界を見てるとよく分かる。 「悔い改め」などの不適切邦誤訳の単語(明治以来の悪習) 教団教職制度(イエシュアが憎み戦うと言われるニコライ派) エペソ書の五役(「ある人」は四回…
大東亜戦争か太平洋戦争か-カエサル・シーザー的視点から見た日本の功績と功罪 書籍

大東亜戦争か太平洋戦争か-カエサル・シーザー的視点から見た日本の功績と功罪

これは2013年12月9日のFB記事に手を加えたものー真珠湾攻撃は日本時間1941年12月8日未明だった。当時、陸軍は資源獲得のため南方へ侵攻し、英国の補給線を絶つために西に進む作戦を立てていた。ところが海軍の連合艦隊長官山本五十六が、自分にハワイをやらせてくれなければ自分は辞めると恫喝したため、永…
「意味」の病理 フェイス

「意味」の病理

この記事は最近のカルト問題やハマス事件などの「意味」を説いたものだ。 昨日根田氏がCTに訴えられた裁判傍聴をして、CTの背後にはダビデ張の「共同体」があることは今回の証言で確認できた。人はどこかに所属し、関係性の中にいないと自分の意味や人生の意味を喪失する。あの京アニの犯人などはその所属性を失い、自…
カリコ博士の業績「PseudouridineによるRNA修飾」に思う フェイス

カリコ博士の業績「PseudouridineによるRNA修飾」に思う

まさに時代を象徴するノーベル賞だ。以下、WIKIより引用する- 2008年には、mRNAのウリジンを「シュードウリジン」という特定の化学修飾したモノに発展させた。このシュードウリジンを施したmRNAを使うと、炎症抑制だけでなく、タンパク質の設計図であるmRNAが細胞の中に入っていき、大量のタンパク質…
人は自分が”頼りとするもの”に応じた末路を迎える フェイス

人は自分が”頼りとするもの”に応じた末路を迎える

あの偉大な業をなしたモーセは岩を叩いて水を出した奇跡の前例に従って、岩に命じよと言われた主を信じないで、再度岩を叩いたため、良き地に入ることを禁じられた。 ダビデに反逆した自他認ずる美しさを誇るアブサロムは髪も豊富だったが、それが木の枝に絡んで吊るされたところをヨアブにとどめを刺された。 ヘロデ(ア…
Translate »